2021年05月21日

豊橋と盛岡での小ネタ

先日行ってきた豊橋と盛岡での小ネタ話をば。といっても、鉄道ネタばかりなのはご愛敬(笑)。一部は別記事で組んじゃいましたからね・・・。


SHV47_1200最初は、豊橋鉄道の市内線から。こちらは豊橋駅にある駅前停車場ですね。
豊橋鉄道市内線というのは通称で、正式名称は豊橋鉄道東田本線というのだそうです。ここから赤岩口停車場ないしは運動公園停車場に向かうわけです。
ここから少し先と競輪場前停車場の少し前までが複線で、それ以降は単線での運行になります。本数はまぁまぁ多めですけど、時間帯によっては14分ほど待たされることも。それでもノスタルジーを感じながら乗るのは、いいものです。



SHV47_1209で、こちらが運動公園前停車場先程紹介した市内線のもう一方の起終点です。
路面電車が次々と廃線になる中、珍しく延伸が決まった路線として話題になりました。1982年開通した当時は1968年に延伸した長崎電気軌道以来18年ぶりとなり、2009年に富山地方鉄道が延伸をするまで、最も新しい延伸区間とされました。なお、新設路線はJR西日本から移管された富山ライトレール(電車を路面電車(軌道)化)ですけれども、2023年に宇都宮ライトレールが開業予定です。



SHV47_1211試合終了後、せっかくなので、もう一方の起終点になる赤岩口停車場にも行ってきた。運動公園からは徒歩20分くらいかな(実際はもっと掛かるかもしれない)。
こちらは市内線の車庫があり、一旦駅の東側に引き込まれた後、車庫に入るという形を採っています。なお、ここからバスで豊橋駅前に戻れる模様(爆)。<でも、お高いんでしょう?
まぁ、市内線なら180円なのに対して、バスだと410円だもんなぁ(ルートは市内線の方が早そうだが)



SHV47_1214さて、打って変わって、こちらは東北新幹線のはやぶさに付いてた東北6県のマスコット達
正確には、盛岡ではなく始発の東京で撮ったんだけどね(ニヤニヤ)。



SHV47_1234こちらは正真正銘盛岡で撮ったもの。JR東日本盛岡支社にある「東北鉄道建設の碑」と言われるもので、JRになった際に東北での鉄道の記念碑的な物を作ろうと有志の寄付で作られたものだそうです。

ちなみに、東北で一番最初の鉄道は1875年(明治8年)に建設された釜石鉱山鉄道だそうです(歴史的には1880年(明治13年)だそうですが)。意外ですが、ここで採れた鉄鉱石を工場に運ぶ役割が必須だったようです。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:15Comments(0)

2011年02月11日

マナカかわいいよマナカ、はぁはぁ

遂に買いましたよ!
ええ、ホントーに買いました。
もうマナカは俺のモノだぁ~!!!
・・・しばらく、マナカではぁはぁが止まんねぇ<何、このヘンタイ。
さぁ見るがいい。コイツが俺のマナカだ!


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


PA0_0848どうだ、こいつが俺のマナカタソだぞ!<・・・いやぁ、何かやけに黄色くて丸っこいマナカですなぁ。

・・・あ、ごめん。マナカはマナカでも、今日から始まったICカードサービスのマナカだった。
ま~た間違っちゃったい(てへ)。<おい、そこのキチ●イ、「てへ」で済むのか、「てへ」で。オマエ、「ラブプラス」なんて買ってないだろ!
・・・うわははははははは!そうさ、オイラは「ラブプラス」なんて(自主規制)ものは買ってないだよ!
しかし、「ラブプラス」の高嶺愛花(たかみねまなか)とか思ったヤツ、ざまぁ!やーいやーい(ゲラゲラゲラ)。<オマエ、信者によってホテル大野屋再建の人柱にされるぞ(嘆)。



・・・というわけで、信者の皆様騙してすいませんでした(泣)。


今日から、「日本の真ん中をつなぎ、くらしの真ん中をつなぐICカード」がキャッチフレーズのICカードmanaca(マナカ)が発売されました。

これは、JRグループのSuica・IKOCA・TOICA・Kitaca・SUGOCA、関東の私鉄連合のPASMO・関西の私鉄連合PiTaPaなどのように、乗車券と電子マネーの機能を持たせたもので、名古屋市交通局と名鉄(名古屋鉄道)が発行するものです。
対象鉄道は名古屋市交通局(地下鉄・市バス)・名鉄(鉄道・バス。ただし一部区間除く)・あおなみ線・ゆとりーとライン・豊橋鉄道と一部のコミュニティバス。そして電子マネー機能は愛知県内のサークルK・サンクスやピアゴなどのコンビニ・スーパーや小売店、対象鉄道内にある自動販売機になります。


manacaのすごいところは、ICカードとしては恐らく初めてになるマイレージサービスが搭載されている点。名古屋市交通局発行のものと名鉄発行のものとでは還元率が違うものの、大なり小なりオマケが付いてくるのはうれしい。なお、後者で発行の場合は、manacaが利用できるお店で名鉄が運営しているサービスに加盟している場合、ポイントバックがあり、それがマイレージになります

他社との連携ですが、JRとの連携は2012年からJR東日本とJR東海内で開始予定PASMOなどの6の鉄道系ICカード事業者とは2013年から連携開始予定になっています。
正直後者の連携は早くやってほしい。コミケの時かなり便利になるわ・・・。


なお、これ記名式にすると、再発行もしてくれるというこれも恐らくICカードとしては初めての特典があります。
・・・manacaが君の名を呼び掛けるわけじゃないぞ(ニヤニヤ)。<きめぇ。記名だけにきめぇ(爆)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:52Comments(2)TrackBack(0)

2011年01月26日

カウントダウンあれこれ

現在名古屋駅には2つのカウントダウンボードがあり、それぞれ公開されています。2つのカウントダウンが揃って見られるのはそう期間としてはなく珍しいかなと。


PA0_08241つ目は、あおなみ線の金城ふ頭駅前にできる「リニア・鉄道館〜夢と想い出のミュージアム〜」開館までのカウントダウンボード
場所はソフマップギガストア名古屋前、丁度あおなみ線名古屋駅の改札口前にあたるところにあります。
静岡県浜松市天竜区にあった佐久間レールパークの展示物が移築される他、愛知万博で展示されたものも移築されることになるそうです。

さいたま市にある「鉄道博物館」以来の大規模な鉄道博物館になるので、当初から期待されているばかりでなく、慢性的な赤字に陥っているあおなみ線再生の切り札としての側面もあるため、その期待感がこのボードになって現れているんじゃなかろうかと。



PA0_0825もう一つはICカードmanaca(マナカ)開始へのカウントダウンボード
地下鉄の名古屋駅東山線乗り場の前にあったもの。名鉄とかにもあるんじゃなかろうかと。

manacaは地下鉄・市バスの他、名鉄(鉄道・バス)・あおなみ線・豊橋鉄道・ゆとりーとラインが導入するもので、切符代わりの利用(一部区間除く)・電子マネーとしての利用ができるだけでなく、他のICカードとは違いマイレージ機能が搭載されているのが大きな特徴。なお、マイレージ機能は名鉄のものは若干違うらしい
来年以降はJR東海(TOICA)、JR東日本(Suica)との連携が図られる他、将来的にはPASMOなど他のJR・私鉄グループのIC機能とのリンクが図られるようになるそうです。



私自身も非常に気になるし興味がありますね。どんどん盛り上がってもらいたいものです。  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)