2019年09月09日

沖縄へ行く⑤

翌日、朝早くには目が覚めていたものの、まだまだのんびりしたいなぁ・・・と思っていたら、もう午前8時になっていた。フライトの時刻は午前10時半過ぎ午前10時までには那覇空港に着いていないとマズい。
というわけで、いそいそとホテルを出て、向かった先は、ゆいレール(沖縄都市モノレール線)


ゆいレールというのは、沖縄都市モノレールという第三セクターの会社が運営する鉄道(モノレール)で、鉄道としては日本で最南端かつ最西端にあります(最西端の駅は那覇空港駅、最南端の駅は赤嶺駅)。ちなみに、日本で最南端かつ最西端にある輸送機関は、宮古島にあるペアリフトの「ザ シギラリフト オーシャンスカイ」


ここで沖縄県の鉄道について。
私の子供の頃は、沖縄県は日本で唯一鉄道が通っていないところと教えられたものですが、実際は戦前までは旅客鉄道が、1983年までは貨物鉄道が存在していました。

沖縄県の鉄道運行は1902年に始まりました。場所は沖縄本島の東に浮かぶ南大東島で、島で採れたサトウキビを運搬するためでした。当初はトロッコだったものが、やがて蒸気機関車→ディーゼル機関車に変わっていきました
沖縄本島には1914年に路面電車が現在の那覇市内に敷かれたのを皮切りに、軽便鉄道・馬車鉄道が敷かれていき、バスとの競争に揉まれて無くなった路線もあったものの、概ね維持されていました。

しかし、沖縄戦で全ての鉄道が消滅戦後はアメリカ統治下の中で自動車優先の運営となったため、沖縄本島では鉄道が復活するのは、1975年に開催された沖縄国際海洋博覧会で運行された新交通システムまで待たなければなりませんでしたが、そのシステムも開催期間中のみの期間限定の運行でした。


本格的な復活は1982年までさかのぼります。沖縄の本土復帰の頃から鉄道復活はささやかれていましたが、この年に設立された沖縄モノレール株式会社によって、現実味を帯びてきたのです。しかし、既に走っているバス会社との調整などで建設が遅れ、日の目を見たのは2003年のこと。それでも、モータリゼーションの進んだ沖縄の中で、やっと鉄道が復活したのです。定時運行のできる鉄道への期待は、とても大きいそうです。不安定な経営ながらも沖縄県民および観光客の足になったゆいレールは、10月に延伸が決まっております。
将来的には、LRT(ライトレール・トランジット)方式での路面電車や軌道鉄道の復活も模索されています。


SHV39_5608で、ゆいレールの切符は少し進んでいて、何とQRコードでの読み取り方式になっていたのだ。当初は切符を改札に通す従来の方式だったんですけど、2014年にICカード導入に伴い改良されたそうです。ちょっとビックリした(笑)。切符は降りる駅で改札に読み取った後、改札に据えてある回収カゴに入れます。そこだけ古典的だなぁ(苦笑)。
あ、現在はICカードはOKICAという、ゆいレール独自の物しか使えませんが、2020年からはSuicaなど全国で使えるICカードの導入が決まっています



SHV39_5609こちらは、ゆいレールの車両2003年の運航開始時(最初の車両の製造は2001年)から使われているものです。現在は2両編成で運行しています。
・・・定時運行に期待を持たれていると聞いたけど、実際のところ数分遅れてやって来たさすがにウチナータイム炸裂かと思ったら、乗ってみてわかった。人大杉(大泣)!
たった2両しかなく、休日は10分間隔での運転(乗った時)だもんですから、観光客で埋まってる将来的に3両編成にしていくことが決まりましたけど、こんな理由があったのね。しかも乗り降りに時間が掛かるため、どうしても遅れてしまう。そう、テーゲーでもウチナータイムでもなく私達観光客のマナーのせいなのかもしれないね・・・。



それでも立たされながらも、快適。渋滞を気にせず走れることもさることながら、高架なので眺めも最高。ゆえに観光列車としての側面も持っているだなと思いましたね。上から見る那覇市内や沖縄の景色は、何度でも乗ってみたいと思わせるに十分なものですよ。
運転手も沖縄らしい。私がお世話になったタクシーの運転手もそうでしたが、沖縄を代表する衣装の一つ、かりゆしウェアを着て運転していましたね。ただ、近くにいた若い人が、かりゆしウェアの存在を知らなかったのは残念至極何であんな格好しているんだろう的な言い方をしていたので、もっと沖縄のことを調べてから来いよ・・・と思わされましたね。


SHV39_5614さて、那覇空港に到着。お土産屋などをいそいそ回っていたら、フライト時刻30分前、飛行機まで運んでくれるバスの時間になりそうだった。
写真は、乗る飛行機のそばに停まっていた日本トランスオーシャン航空(JTA)という日本航空(JAL)の系列会社の飛行機ジンベイザメのプリントされた飛行機でした。せっかくFC琉球のスポンサーになってるんだから、ジンベーニョでもよかったような気が・・・(ニヤニヤ)。



2時間少しのフライトで再び中部国際空港に戻ってきました。


あっという間の沖縄でした。正直1泊2日では足らんかったわ(苦笑)。ホントにショートステイ(1週間くらい滞在)するつもりで沖縄には挑まないと足りない足りない。見たいところはいっぱいあるし、美味いものもいっぱい食いたかったわ。何より、帰る日には午後1時から九州リーグに所属している沖縄SVの試合があったんだよね。そう考えると、長期休暇で行きたい気持ちが何となくわかった。来年FC琉球との試合があるなら、また行ってみたいけど、当分無理だろうなぁ・・・(大泣)。


沖縄の行ったところの話は今回までですが、まだまだ沖縄の話は続きます。次回は小ネタというか色々見聞きした話をば。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:36Comments(0)

2019年09月05日

沖縄へ行く①

先日、沖縄に行って来ました。
朝7時半のフライトだったので、朝一番の電車に乗って行くことになりました。

ご存じの通り、中部国際空港の公共交通機関としてのアクセス(名古屋方面)は名鉄(常滑線および空港線)かバスしか走っていないのです。名鉄で行くなら、ミュースカイや特急に乗るのが、大きな荷物を持って行くのに楽なんですけど、朝一番の電車は準急なので、停まる駅も多いし、時間も掛かる。およそ1時間ほど掛かって着きました。
まぁ、着いても時間はそれなりにあるんだよね。ちなみに、チェックインは2時間前だから朝の5時半から開いている。なので、着いた時にはもうチェックイン中だったんです。でもね、ジェットスターはオンラインチェックインができるので、メールが届いた時点でチェックインは済ませていたのだ。だからそんなに急がなくてもいいといえばいい。とはいえ、不測の事態に備え、早いうちに中部国際空港には行っておきたかったのだ。
今回も機内で食事を採るので、食べるものはそんなに買わず。長いようで短い待ち時間を過ごして、いよいよ乗り込みます。


中部国際空港から那覇空港までは約2時間。その間に機内食が出されるとはいえ、結構長丁場。札幌に行った時も、山形に行った時も、仙台に行った時も、福岡に行った時も、鹿児島に行った時も、機内の滞在時間は1時間前後だったので、やることが無くなってしまう。あらかじめダウンロードコンテンツでも落としておくべきだったのかもしれない。ジェットスターはWi-Fi積んでないからね。というわけで、途中うつらうつら。朝早かったし(ギャハ)。


SHV39_5517約2時間のフライトを経て、名のわからない小さな島(途中に橋の掛かった小島2つ)を経てやって来たのが、この写真の場所。青い空に青い海、海はサンゴ礁の島のようにも。
遥か彼方には沖縄本島、手前には小島がありました。そう、沖縄だ!沖縄に着いたんだ!



予定到着時刻よりも10分近く早く那覇空港に到着。早い到着だったので、ロビーをウロウロ。
空港内だけでも沖縄の独特な雰囲気を味わえましたね。沖縄でしか売ってない食べ物や飲み物、独自のコンビニや土産物店。しかし何よりいい天気でした(名古屋は曇りだった)からね。窓越しでもわかるくらいでしたもの。いい時期に来たなと思ったものです。


そうこうしているうちに、待ち合わせの時間に。前にも書いたように、今回はタクシーで回ろうと思っていたので、予約をしておいたんです。到着時間のことを考えて、10時半にしていたんですけど、それよりも少し早めに来て下さいました。いやぁ、『歓迎』なんて書いた紙持っていたから、こっぱずかしい(苦笑)。外国の映画でしか見たことなかったんだもの。まさか沖縄で体験することになろうとは・・・。


さて、ここから沖縄旅行の始まりです。サッカー観戦までは数ヶ所回ることにしていました。次回から、その回る場所を3回に分けて紹介していきましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)