2016年01月08日

冬の新アニメ2016 その2 無彩限のファントム・ワールド

冬の新アニメ2016、2回目は京都アニメーションが手掛けるKAエスマ文庫のライトノベルが原作の「無彩限のファントム・ワールド」です。
この作品は、まだ刊行巻数も2つしかないため、原作のストックがない中で展開されるという異例の展開になっております(ただ、KAエスマ文庫そのものが若いレーベルなためそうならざるを得ないとも言える)。ただ、「中二病でも恋がしたい」・「境界の彼方」など秀作揃いでもあるので、上手く化学反応を起こせば面白い展開を見せてくれることでしょう。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


幽霊・妖怪・UMA(未確認生物)など、かつて人間が幻だと思っていたものが、ある出来事をきっかけにして見られるようになってしまった。主人公をはじめ、その能力を身に付けた者達は、ホセア学院という学校に通い、「脳機能エラー対策室」という対ファントム退治部署に所属してファントム退治に勤しむのだ。

しかし、主人公が所属しているチームは、成功することがほとんどない、仮に成功しても報酬をもらえることがほとんどないダメチームだった。成功率を上げるために、主人公は新たな仲間を探していたその時、掃除機のようにファントムを吸引する少女を見かけるのだった。



というふう。


この作品、当初はとっつきにくいのかなと思っていたのですが、可能な限り丁寧にこの世界の現状を説明していましたね。すごくわかりやすかったです。それでいて、アクションシーンも豊富で動きが滑らかですわ。特にヒロインの一人のおっぱい(爆)。あとはマスコット的に付いて来ている主人公のファントムがかわいいのなんの。時にお茶目で癒されます。

ただ、気になるのはキャストもそうなんでしょうけど、キャラの顔が京アニだからなのか、「中二病でも恋がしたい」のキャラ達とかぶるんですよね(苦笑)。逆を言えば、彼らがこの世界にいても違和感を感じないんでしょう(爆)。あの作品の主要人物がスピンオフでコラボしたら面白いかなとか思いつつも、見分けが付けられるのだろうかと心配する私がそこにいた(汗)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む

Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月21日

春の新アニメ2015 その16 プラスティック・メモリーズ

春の新アニメ2015、16回目はMAGES.(5pbとAG-ONEが合併してできた会社)が手掛けるオリジナルアニメの「プラスティック・メモリーズ」です。


この作品もオリジナルアニメということ以外はほとんど詳細がわからないというふう。ただ、個人的には気になっていた作品なので、少し楽しみではあります。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


高性能アンドロイド「ギフティア」が生活の一部として確立された近未来の話。主人公水柿ツカサは親のコネでギフティアの製造・管理を行う会社に入社した。入社してすぐにツカサはギフティアの回収を行う部署に配属となり、彼にはアイラという会社の雑用係を受け持っていた、過去には別の担当とパートナーを組んで回収業を営んでいたという女性と組むことになった。

しかし、彼女は常識では考えられない行動を起こし、ツカサを困らせるのだった。



というふう。


まぁ、1回目からギフティアというのは一定期間を過ぎると記憶などがおかしくなるので回収しないといけない・・・という掟をやんわりとながら忠実に履行しているんですわ。それをすごくドラマティックに演出しているせいもあってか泣けてくる泣けてくる。初回からお涙ちょうだいの演出にするなんて・・・(泣)。卑怯だよ、卑怯(苦笑)。「あの花」以来の衝撃度だと思っています。

今後、ギフティアの回収業=マスターとの別れというのを何度も何度も見せることでしょうその過程で主人公とヒロインの関係がどう変わっていくのか、そして主人公はギフティアというものをどういうふうに見るようになるのかというのが気になってきますね。ともすれば残酷になりかねない仕事なだけに。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:46Comments(0)TrackBack(0)

2015年04月18日

春の新アニメ2015 その13 放課後のプレアデス

春の新アニメ2015、13回目はオリジナルアニメの「放課後のプレアデス」です。
この作品はスバルでおなじみの富士重工業の宣伝を兼ねて製作されたもので、ガイナックスが製作に協力しています。そのプロジェクトそのものは2011年にYouTube上で公開(今年映像メディアで発売)されていったん幕引きになったのですが、2013年にプロジェクトは再開され、その際今回のテレビアニメの製作が発表されて今に至ります。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


星が大好きで天文部に所属しているすばるは、流星群を見に行くために学校に向かうことになった。しかし、学校に着いた時、天文室の中はいつもとは違い別の次元と思しき所に繋がっていた。そこで謎の少年に出会ったものの、恥ずかしさのあまり戻ろうとしたら、雨が降りしきっていたため帰宅しようと思ったら、今度は謎の生物に出会うことに。

その頃、謎の生き物を会長と呼ぶ不思議な格好をした四人組は、会長がいなくなった現状に対し話し合っている最中であった。その時、会長を連れて来たすばるがやって来る。そしてすばるは驚愕する。別の学校に転校したはずのあおいがいたからだ。



というふう。


実はこの初回、一部はYouTubeで公開されている部分と同じ展開になっているようで。それでも初見の人間にもわかりやすい展開ではないかなと思います。主人公パートと4人のパートが同軸内に展開されていたので、わかりにくくさせるかなと思ったものの、4人のパートを少し抑え目にして主人公をメインに押し出していたので、その懸念は無くなりましたね。


主人公の独白・4人との仲間の会話シーン・戦闘(?)モードと案外見どころは多く、その一つ一つが丁寧に作られていたので、次回以降は5人になった仲間達との青春群像劇的な絡みを期待したいところですね。ティーンの年相応な絡みがどう物語に反応を示すのかしらねぇ・・・。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


「放課後のプレアデス Blu-ray YouTube版」<初回生産限定版>
放課後のプレアデス(YouTube版)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2014年01月13日

冬の新アニメ2014 その9 未確認で進行形

冬の新アニメ2014、9回目は一迅社のまんが4コマぱれっとで連載されている4コママンガが原作の「未確認で進行形」です。
今回の作品の中では唯一三重を含めた在名局で放送されていない作品。かつ放送そのものも東京と大阪の地上波のみと随分絞り込んだ体制になっています(詳細は「続きを読む」にて)。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


家事もできナイスバディな女子高生夜ノ森小紅。そんな彼女が16歳の誕生日を迎えた時、大きな変化が訪れた。
突然家に許嫁と称する基本無口の少年三峰白夜とその妹でどう見ても幼女な自称『小姑』の真白がやって来たのだ。
ここに3人の妙な同居生活(+幼女好きな変態の姉夜ノ森紅緒と仕事で忙殺されている母茜)と妙な学校生活が始まるのだが・・・。



というふう。


まぁ見た感じ、主人公には何かしらの過去を含んでいそうだなということはわかったのですが、まだそのあたりの経緯は語られていないので、今後の楽しみといったところでしょう。話の内容としては、個性の強いキャラが多く、早くも波乱の予感を見せそうなんですが、ちょっと空回りしているかなと感じ取っています。

この作品に関しては、まだこれからとも取れます。しかしここまでかなとも取れる雰囲気もあるため、今後が少々読めない作品になっています。3人の主要人物がいかに場を盛り上げれるかに掛かっているでしょう。三者三様の立ち位置が行かせるのか気になるところです。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:18Comments(0)TrackBack(0)