2021年02月23日

アプリゲーム 岐阜クエスト

2/17にblazeworksからAndroid・iOSで配信を開始した「岐阜クエスト」。かなり変わった内容の作品でもあります。
こちら、魔物によって滅ぼされた岐阜県を勇者として転生してきた主人公が冒険する物語です。途中色んな仲間が冒険に加わります。


最初は、岐阜県の西濃にある揖斐川町から。そこからクエストをこなすことで魔物の気配が弱まっていき、冒険範囲が広がるという仕様になっています。なお、主人公は自分の街を42市町村から選ぶことができ、街にいる移住者がそこに集うのです。

職業という概念もあり、勇者以外では狩人・僧侶・侍・忍者の4種。オーソドックスですけど、いわゆる魔法使いが無いのは意外かもしれません。大勢の仲間が出てくるので、街中にある酒場で入れ替えながら進めていくというふうですけど、実のところキャラの能力差は設定されおらず、攻撃力・守備力は武器・防具の性能差だけになります。
その仲間、40人以上いて、今後アップデートで増やすとのこと。コラボ関係のキャラもいるとのことなので、ファンの方も注目です。それ以外だと、戦国武将・市町村のマスコットなど様々。しかし、ミナモやギッフィーがいない(泣)。今後のアップデートで増やしてもらおう(ニヤニヤ)。


変わったところだと戦闘と岐阜力と言われるものでしょうか。

戦闘は、攻撃や必殺技を使う場合はゲージが上下するものになっており、濃いところにゲージを止めると、ダメージや効果が大きくなるようになっております。その際、黒い(最も濃い)部分に止めれば会心の一撃になり、必殺技の場合は消費回数としてカウントされないようになります

岐阜力は、街の人との会話だけでなく、敵を倒した時・初めて敵を倒した時・歩いている時・観光スポットを回った時などで増える仕様になっており、一定数溜まるとレベルアップとなって、HPが全回復します。要は経験値と同じ扱いなんですね。これは街にある飲食店で特産物を食べると10回の戦闘分は倍溜まるようになっているので、早めのレベルアップをしたい場合にオススメです。


この作品は、ナビゲート機能もあるので、初心者にも安心ですが、同行するみぃねこを使えば、さらに楽に冒険できるようにもなっています。ただ見どころを素通りしてしまうので、できれば使わずに進めたいところ。また、みぃねこはサポート機能を持っているので、全回復も可能(1日1回のみ)です。


総じてRPGの敷居は低めで、敵のバランスはよほどのことが無い限りやられることのないくらいガバ目の作品です(笑)。ただその反面、戦闘で敵が落とす金は少なめなので、特に序盤はお金が貯まりにくくなっています。そのため、フィールドや街に落ちているキラキラをめぼしく拾っていけば、小銭稼ぎができます(戦闘で稼ぐよりも多い時もある(苦笑))アイテムを拾えることもあるので、いい装備を拾った時は、儲けたと思えるほどですが、これでかなりゲームバランスを崩す事態に・・・(汗)。というのも、強めの武器や防具も拾えることがあるんですよね・・・。
また赤ダイヤは拾うと広告表示が出るようになっており、見終わった時にはお礼としてダイヤをもらえますこのダイヤは、プレミアムショップでアイテムやガチャを引くことができ、強い装備を得られるようになっています。ちなみに、ガチャは先述のイベントをこなしたお礼でも引けますけど、コイツもバランスブレイカーで、最強武器・防具をもらえる事態にも・・・(汗)。時として考えモノですわ(苦笑)。

繰り返しになりますが、RPGとしての敷居は低めで、バランス調整も甘めの仕様になっており、ゲームとしてのデキは、作品の評価に対して甘めなんじゃないかと思う人もいるでしょう。しかし、この作品の神髄は、製作者が岐阜県出身(現在は東京在住らしい)ということで、岐阜の魅力を知ってほしいと2年掛かって製作(資金はクラウドファンディングで集めたらしい)した点、そして岐阜県やその中にある42の市町村の魅力・トリビアなどが盛りだくさんな点で、それは大きく評価できると思います。作中には岐阜愛があふれているので、子供の教材代わりに遊ばせるという手もありますし、県外の人間でも楽しめるものになっています。その部分は、ゲームバランスとしての悪さを補って余りあると思いますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2020年11月12日

秋の新機種2020 au編 中編

秋の新機種2020、今回は海外モデルの機種紹介です。


④Pixel 5
グーグルから発売される6インチフルHD+有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 11。
1220万画素CMOSの広角・1600万画素CMOSの超広角のデュアルカメラ、IPX8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能、非接触充電(Qi)を搭載している。

個人的感想
この機種のバッテリーは4080mAhとのことで、大容量になっているだけでなく、自動的に必要なアプリだけを起動させる「スーパーバッテリーセーバー モード」を備えているため、最大48時間維持することも可能になっている。


⑤Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06
韓国のメーカーであるサムスン電子から発売される6.9インチQHD Dynamic AMOLED 2X(有機EL液晶)を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 10。
1億800万画素CMOSの広角・1200万画素CMOSの超広角・1200万画素CMOSの望遠のトリプルカメラ、IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能、非接触充電(Qi)を搭載している。

個人的感想
この機種は、大きな機種ということもあって、大型バッテリーを備えており、4500mAhある。さらに、Galaxyの特徴でもあるスライタスペンが備えられている。また1億画素以上のカメラも特徴的だろう。スマホとしては大きい機種なのだが、タブレット端末では大きすぎる人でも使いやすい機種になっているだろう。


⑥Galaxy A51 5G SCG07
韓国のメーカーであるサムスン電子から発売される6.5インチフルHD+有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 10。
4800万画素CMOSの広角・1200万画素CMOSの超広角・500万画素CMOSのマクロおよび深度測位カメラのクワッドカメラになっている。またIPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
この機種は海外モデルでありながら、防水・防塵・おサイフケータイといった日本独自の機能を備えている。それでいて、カメラ機能の充実ぶりは特筆に値する。


次回も海外モデルの機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:23Comments(0)

2020年11月11日

秋の新機種2020 au編 前編

秋の新機種、今回からauの新機種紹介です。
auで一番のトピックは、MVNO(仮想移動体通信事業者)のUQ mobileを移管(事業承継)したこと。元々はUQ WiMAXを手掛けるUQコミュニケーションズのブランドだったのですが、携帯電話部門であるUQ mobileをauを手掛けるKDDIに移管されました。これに伴い、UQ mobileはauのサブブランドとして展開できるようになりました。簡単に言ってしまえば、安価な端末かつ安価な料金プランを提供できる会社が持てたということです。ソフトバンクでいうところのワイモバイルとの関係になります。
ただ、機種紹介に関しては、行わない予定でいます。ワイモバイルを紹介しているのは、元々ウィルコムとイーモバイルという携帯電話会社(MNO)がベースになっているからで、UQ mobileとはベースが違うんですね。UQ WiMAXを紹介しなくなったのも、そのあたりにあります。ただ、あくまで予定は未定なので、今後紹介していくかもしれません。
なお、沖縄県が特殊なのは今回も同じで、UQ mobileの沖縄県での展開は、沖縄セルラー電話(auの沖縄県でのブランド)が管轄することになりました。

そして、料金プランや割引サービスにも新しいものが登場しました。
一つは、「データMAXテレビパック」というもので、「データMAX 5G テレビパック」(10,180円/月)と「データMAX 4G LTE テレビパック」(9,180円/月)として提供されます(共に「2年割引N」適用の場合の価格で、2GB以下/月の場合は1,480円割引される)
特徴としては、TELESA(テレサ。旧ビデオパス)以外に、フジテレビオンデマンドとParavi(パラビ)が見られるようになります。基本的にテレビ番組の見逃しサービスに強いプランといえるでしょうけど、NETFLIXのようにオリジナル作品も提供する動画配信サービスが入っていなかったり、YouTube PremiumやApple Musicのような個人が動画配信したり音楽配信が受けられるサービスが入っていないので、そのあたりが欲しい人にはデメリットになりそうです。
もう一つは、「auワイド学割」という割引サービス。
29歳以下のユーザーは、5G契約から半年間の間でのみですが、1,000円~1,600円割引されるものになります。これまでは25歳以下だったので、少し対象年齢が拡大されたというふうです。


では、新機種の紹介に移ります。今回の発表で登場した6機種に加え、それ以前に発表された1機種とPixel 5の計8機種になります。今回の発表で、今後auの機種は5Gで全て展開されるとのことなので、4G LTEは今後縮小というふうになるのでしょう。つまり、現有モデルのみで、現有モデルが売切れ次第完了への道を歩むというふうですかね。

今回は国内モデルの紹介です。


①AQUOS zero5G basic DX SHG02
6.4インチブルHD有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 10。
4800万画素CMOSの標準・広角・望遠のトリプルカメラ、IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
この機種のベースはAQUOS zero5G basicで、大きく違うのはメインメモリ8GB・内蔵ストレージ128GBになっている点
AQUOS zeroの特徴として、ゲーム画面の描画速度を上げる「ハイレスポンスモード」が搭載されているので、5G対応でもあることから、色が白と黒の2色しかないのは難点なものの、ゲームフリークな人には薦めやすい機種でもある。


②AQUOS sense5G SHG03
5.8インチフルHD+ IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 11。
4570mAhの大容量バッテリー、1200万画素CMOSの標準・広角と800万画素の望遠のトリプルカメラ、IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
この機種は、ミドルレンジモデルでありながら、IGZO液晶を採用している点と大容量バッテリーが搭載されている点でハイエンドモデルに遜色ないものになっている。


③Xperia 5 Ⅱ SOG02
6.1インチフルHD+有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 11。
1220万画素CMOSの標準・望遠・超広角のトリプルカメラ、IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
この機種は、これまでの機種と違い、駆動速度が120Hzにアップしているだけでなく、黒画像を挿入することで駆動速度を240Hzにまで上げることができるようになっている。メインカメラにはZEISS(ツァイス)のレンズが採用され、専用アプリも用意されているため、ソニーのデジタルカメラである「α」のような写真が撮れるようになる。ゲームフリークもカメラフリークのどちらにも訴求できる機種に仕上がっている。


次回は海外モデルの紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2016年06月15日

春の新機種2016 ソフトバンク編

春の新機種2016、ここからはソフトバンクの新機種紹介です。
とはいっても、毎度おなじみ(?)の発表会はない状況新機種のプレスリリースが行われただけとドコモやauの豪華さに比べたら、これまた毎度ながらシンプルというのか質素というのか。派手な施策をバンバンと打つくせに発表会を行わないのは、ソフトバンクらしくないなといつも思うようになりました。
具体的な施策もないので、このまま新機種の紹介に参りましょう。


①Xperia X Performance(502SO)
5インチのフルHD液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
キャリアアグリゲーションやに対応。2300万画素のCMOSカメラやIPX5/8相当の防水機能とIP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
全てにおいてハイスペックでありながら、男女を問わないシックないしはポップな4色展開、そしてワンセグ・フルセグやおサイフケータイといった独自の機能も搭載しているので、恐らく今回の機種の中では一番売れるのではないかと思われる。


②AQUOS Xx3(506SH)
5.3インチのフルHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
速い動画にも耐えうる超高精細な液晶に2260万画素のCMOSカメラ、指紋センサーによる指紋認証機能、IPX5/8相当の防水機能やIP5X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
今回のシャープの機種は画面いっぱいにまで広がったEDGESTを辞め、通常の画面構成になっている。それでいて、キャリアアグリゲーション、ワンセグ・フルセグ、おサイフケータイも抑えている。さらに完全防水になるようにキャップ型のふたを採用しているので、水回り出も安心して使えるように配慮されている


③DIGNO F(503KC)
5インチHD TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid6.0。
IPX5/IPX7相当の防水機能、IP5X相当の防塵機能、MIL-STD-810G規格に準拠した耐衝撃性能を搭載している。

個人的感想
機能面では高いものではないが、「かんたんビギナーホーム」に代表するスマホ初心者でも扱いやすい機種として展開しようとしている。機能を求めない中年層・高年層や主婦にはウケがいいように思える。


次回はワイモバイルの新機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:28Comments(0)TrackBack(0)

2014年05月22日

春の新機種2014 ソフトバンク編

春の新機種、今回はソフトバンク編です。
ソフトバンクは、ケータイ市場が成熟して初めてであろう新機種発表会を行わないという方針を採りました。その理由は明白で、以下のように。

  • 主力にしているiPhoneはアップルの商品だからここでやる必要はない。

  • 対してAndroid対応のスマホに関しては明確な差が付いていないので、力を入れてやるまでのことはない。


この2つが主な理由です。

しかし、言い換えれば、ソフトバンクが発表しないのは、訴えられる要素を他に取られてしまっているので『必要ない』という結論に至ったのではないのでしょうか。
新機種発表会というのは、単純に新機種を発表する場というふうではなく、その新機種に搭載する新サービスの発表会でもあるのです。今期で行けば、auのキャリアアグリゲーション、ドコモのVoLTEがその一例。また、auのau WALLETやドコモの新料金プランなど各種サービスもそれにあたります。
ところが、ソフトバンクはその新サービスを打ち出していません。いや、打ち出せたかもしれないのですけど、新機種発表会を行わなかったがために、その発表を行う場所を失ってしまったのです。Androidは個性がないとバッサリ斬っていましたが、逆にAndroidでは計れないオリジナルのサービスを公表する場を失っていることに気付いているのでしょうか。
まぁ、ソフトバンクがキャリアアグリケーションとかVoLTEをやれるほど基地局が整備されていないという根本的な原因に起因するんですけどね。電波の質が良くなりましたとか基地局が増えましたとか訴えてますけど、本当にそう実感できるのは恐らく一生無理でしょう。


そんな新機種発表会が無い中でも、新機種の発表が散発的に行われました。今後また発表があるのでしょうけど、とりあえず、2機種の紹介をしていきます。


①AQUOS Xx 304SH
5.2インチフルHD IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid4.4。
1310万画素のCMOSカメラ、AXGP・FDD-LTE方式による「Hybrid 4G LTE」、IPX5/7相当の防水機能、ワンセグ・フルセグ、おサイフケータイ(FeliCa・NFC)、赤外線通信に対応している。

個人的感想
この機種は、au・ドコモよりかは若干小さいものの、画面占有率78%と大きな液晶表示が可能になっている。それでいて高精細・省電力になっているので、見やすさと長持ちを優先したい人には十分オススメできる。


②301Z
中国のメーカーであるZTE(中興通訊)が製作した2.4インチQVGA・TFT液晶を搭載したストレートタイプのケータイ。ソフトバンクが提供するプリペイドサービス「プリモバイル」専用端末。
200万画素のCMOSカメラを搭載し、プラチナバンド・緊急速報メール・S!メールに対応している。

個人的感想
この機種はプリペイド用機種になるので、通常よりも高い価格での販売(いわゆる値下げが無い販売)になると思われる。その後、一般的なケータイとして利用できるのかは不明なので、購入の際は注意したい。
一時のプリペイド端末に比べ機能面ではよくなっていると実感。ただしSMSも送れるが、他社への送信は不可なので注意


次回はディズニーモバイルの機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)