2021年07月22日

春の新機種2021 au編 後編

春の新機種au編、今回は海外モデルの紹介です。
③Galaxy S21 5G SCG09
韓国のメーカーであるサムスン電子から発売される6.2インチ有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 11。
1200万画素CMOSの広角・超広角カメラと6400万画素CMOSの望遠カメラを備え、IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
機能面では、国内向けにブラッシュアップも施されており、防水・防塵はもちろんのこと、おサイフケータイやワイドFMの聞けるFMラジオが搭載されている。色々試してみたい人に向けたハイスペックモデルとも言える。


④Galaxy S21+ 5G SCG10
韓国のメーカーであるサムスン電子から発売される6.8インチ有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 11。
1億8000万画素CMOSの広角カメラ、1200万画素CMOSの超広角カメラ、1000万画素CMOSの望遠カメラが2つの計4つのメインカメラが搭載されている。その他、IP5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能、おサイフケータイを備えている

個人的感想
今回の機種の中で最もハイスペックな機種で、大画面での8Kでのムービー撮影が可能になっており、大画面でも快適なゲームプレイができるほどの最速プロセッサを備えている。映像にこだわりを持っている人は、この機種がオススメ。


⑤OPPO Find X3 Pro OPG03
中国のメーカーであるOPPOから発売される6.7インチQHD+ 有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはColorOS 11.2。
5000万画素CMOSの広角・超広角カメラ、1300万画素CMOSの望遠カメラ、300万画素のマクロカメラを備え、IPX8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
この機種に搭載しているカメラの一部は、ソニーとの共同開発とのこと。中国の機種でありながら日本の高い技術力を持っている部分もどん欲に取り入れ、それでいて安く提供しているのだから、かなり手強い。カメラに特化した機種ではあるものの、液晶部分も力を入れているので、海外モデルを気にしない人ならオススメしたい。


次回はソフトバンクの機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:21Comments(0)

2020年08月16日

春の新機種2020 隠し玉 コロナ禍の中でも出てきております

春の新機種・・・と言ってももう真夏に差し掛かっておりますけど(苦笑)、隠し玉が出てきたので紹介していこうと思います。
今回はソフトバンクグループの機種になります。最初はソフトバンクから。


⑦Pixel 4a
アメリカのIT企業グーグルが手掛ける5.8インチフルHD+の有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 10。
1220万画素のCMOSカメラ・指紋認証センサー・おサイフケータイを搭載している。

個人的感想
機種的な面で見ると、Pixel 3aおよびPixel 3a XLの後継モデルで、Pixel 4の廉価モデルになる。Pixel 3シリーズを使っていた人で現行のPixel 4では・・・という人に薦めやすいものの、現状では今回の機種は値段の高いモデルになるので、しばらく待つことになるかもしれない。なお機能面では、あまり高機能とは言えず、秀でているのはおサイフケータイを備えているくらいか。


⑧A002ZT
中国のメーカーであるZTE(中興通訊)から発売されるUSBスティックタイプのデータ通信端末。
下り最大368Mbpsに対応しているだけでなく、国際ローミングにも対応している。

個人的感想
機種としては、ごく普通のデータ通信端末と言え、これと言った特徴もない。最近はテレワークなどでノートパソコンを使う機会が増えているので、そこの需要を掘り起こせるかどうかに掛かっているかもしれない。


続いてはワイモバイルの新機種です。


②かんたんスマホ2(A001KC)
5.6インチフルHD+の有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 10。
IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能、MIL規格に準拠した耐衝撃機能に加え、迷惑電話や不審な電話を自動的に検出しブロックしたり、仮に出ても自動的に通話内容を録音する(相手にも録音の旨を伝える)「迷惑電話対策機能」やワンプッシュでサポート機能に接続できる「押すだけサポート」に対応している。

個人的感想
いわゆるらくらくホン的な位置づけなので、機能面では抑え目。それでも1300万画素のCMOSカメラをメインに据えている点では、単なるかんたんスマホではないとも言える。また、ハンドソープ洗浄やアルコールで拭くことも可能になっており、耐性面でも向上している。さらに防犯ブザーも備え、シニア向けだけでなく子供が使ってもいい機種に仕上がっているワンセグ・FMラジオにも対応しているなどエンタメ性も優れており、ネット依存の無い人なら、この機種でも十分だろうと思う。


③OPPO Reno3 A(A002OP)
中国のメーカーであるOPPOから発売される6.44インチフルHD+有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはColorOS 7.1(Android 10ベース)。
4800万画素のCMOSカメラ・800万画素のCMOS広角レンズカメラ・200万画素のCMOS深層レンズ・200万画素のCMOSモノクロカメラの4つのメインカメラが搭載されている。

個人的感想
この機種はカメラ面が強調されがちになってしまうが、実際はエントリーモデルなので、安価に提供される機種として売られることを見ると、一点豪華な機種とも言える。そして急速充電・FMラジオといった機能も備えているので、単純な一点豪華な機種でもないことを窺わせる


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:56Comments(0)

2020年04月03日

春の新機種2020 au編 中編

春の新機種au編、今回は中国企業が展開する新機種の紹介です。


④OPPO Find X2 Pro OPG01
中国のメーカーであるOPPOから発売される6.7インチQHD+ 有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはColorOS 7.1(Android 10相当)。
4800万画素CMOSの広角・超広角カメラ、1300万画素CMOSの望遠カメラ、IPX8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
いわゆる中華モデルの一つなので、昨今の米中関係でOSが独自なものになっているので、そこは気を付けたい。それでもAndroidベースなので、急に使えなくなることはないだろう。その他機能で注目したいのが、65Wで高速充電する「SuperVOOC 2.0」だろう。OPPOが自信をもって搭載しているところから、使い勝手もいいのではないかと推測。また中華モデルということで安価になる可能性もある。性能も悪くないだろうから、いい機種を安くという人にも薦めやすいだろう。


⑤ZTE a1 ZTG01
中国のメーカーであるZTE(中興通訊)から発売される6.5インチフルHD+ TFT液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 10。
4800万画素CMOSの広角レンズカメラを搭載している。

個人的感想
この機種に関しては、5G規格の中でも大きな特徴は無いので、安価で販売される可能性が高いカメラが若干飛び出てるくらいで、それ以外の機能はそれなりだと思うので、5Gでそれほど使わないのなら、この機種という選択肢になってくるだろう。


⑥Mi 10 Lite 5G XIG01
中国のメーカーであるXiaomi(シャオミ)から発売されるストレートタイプのスマートフォン。詳細は不明。

個人的感想
何とまだ構想段階とも言える状態での発表(苦笑)。この会社の機種は、超高性能カメラを搭載しているとのことなので、恐らくポイントになってくるのは、カメラ機能だろう。


次回もauの新機種紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)