2021年02月17日

2021年1月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2021年1月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


今回、PC:モバイルの比率は、21:79となりました。再びモバイルが8割に迫らんとする勢いで盛り返してきました。やはり時代の流れはモバイルなのか・・・。


PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 10・7・8.1の比率)が約64%(それぞれ約51・7・6)となりました。先月とほぼ変わらない比率になりましたけど、10が過半数になっています。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、Windows 10は、Chrome(87.0→88.0→74.0)が約86%、不明が約7%、Internet Exploler(IE。11)が約4%、Edge(17.17134)が約2%となっています。久しぶりにEdgeが登場しましたが、割合は結構低め。相変わらずChrome優勢の流れになっています。
7は、IE(11)が約67%、Chrome(88.0)が約17%となっています。まだまだIEが頑張っている状況の中、Chromeもわずかながらいる格好になっています。
Windows 8.1は、Chrome(87.0)が約60%、IE(11)と不明がそれぞれ約20%となりました。Chromeメインは相変わらず。そこでIEが踏ん張っているふうですね。
上記以外では、UNIXが約19%、アップルシリーズ(Mac OS X・iPad)がそれぞれ約14%(それぞれ約8・6)、X11が約4%になりました。このうち、UNIXは不明のみとなっています。Mac OSはSafari(14.0→13.1)約85%、Chrome(87.0)が約14%となり、iPadはSafari(14.0→不明)のみになりました。X11はSafari(不明)が約75%、Chrome(90.0)が約25%になっています。


対して、モバイルはAndroidが約57%、iPhoneが約43%となっております。iPhoneが今年に入って4割を超えましたね。
AndroidはChrome(87.0→63.0→88.0→86.0→83.0→81.0→80.0→74.0)が約84%、不明が約13%となっています。こちらはChromeがわずかに増えた格好です。
iPhoneに関してはSafari(14.0→不明→13.1→12.1→12.0→11.0)が約83%となり、次に来たWebKitは約15%となっています。こちらもSafariがわずかに増えた格好になっていますが、バリエーションは少し減ったようです。


1月は、「志村&鶴瓶のあぶない交遊録 大最終回スペシャル」に関する話がトップでしたけど、トータルすると入院した時の話がメインになってきました。入院するなんて生まれて1度あっただけで、かつ子供の頃だったので、ほとんど覚えていないんです。しかも予防接種の副反応と思われる高熱での入院なので、病気での入院は今回が初めてでした。皆さんも気を付けましょう・・・と口で言うのはたやすいですけどねぇ(汗)。


2月は、正直これと言って突出すべき出来事が無い月でもあるので、何か面白い話が出てきたら率先して書けるようにしたいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)

2021年02月14日

2020年12月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2020年12月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


今回、PC:モバイルの比率は、26:74となりました。モバイルに8割も奪われたので、PCが盛り返したというふうに見るのは、さすがに穿ちすぎでしょうか。


PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 10・7・8.1の比率)が約63%(それぞれ約49・7・7)となりました。何だかんだ言っても、Windowsの地位は盤石なんですね。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、Windows 10は、Chrome(87.0→86.0→84.0)が約67%、Internet Exploler(IE。11)が約20%、不明が約8%、Opera(72.0)が約2%となっています。最新ブラウザであるはずのEdgeよりも、代わりにEdgeのベースになったとされるChrome支持というのは、相変わらず。それどころか、今回はOperaという非常に懐かしいブラウザまで登場する有様。Edgeは失敗作になってしまうのか(汗)?
Windows 7は、IE(11)が約43%、Chrome(87.0)と不明がそれぞれ約29%となっています。Chromeに割って入ってきたのは、EdgeではなくIEだった。懐古主義者なのかIEの方が使いやすいと思っているのか、いやはや何とも。
Windows 8.1は、Chrome(87.0)が約71%、不明が約29%となりました。こちらはIEが無くなり、Chromeメインになりました。それでもEdgeは復活せず。ここまで嫌Edgeになると、マイクロソフトは、この先どうするんでしょうなぁ・・・。
上記以外では、アップルシリーズ(Mac OS X・iPad)がそれぞれ約19%(それぞれ約13・6)、UNIXが約17%、X11が約2%になりました。このうち、Mac OSはSafari(14.0)約79%、不明とChrome(87.0)がそれぞれ約7%となり、iPadはSafari(14.0→13.0→不明→9.0)のみになりました。UNIXは不明が約94%、Safariが約5%となっています。X11はChrome(86.0)が50%になっています。


対して、モバイルはAndroidが約61%、iPhoneが約39%となっております。iPhoneが4割に迫る勢いになっています。
AndroidはChrome(87.0→86.0→63.0→83.0→68.0→69.0→74.0→62.0)が約82%、不明が約15%となっています。こちらは先月とほぼ変わらない比率になりました。
iPhoneに関してはSafari(14.0→不明→13.1→12.1→13.0→12.0→11.0→10.0)が約84%となり、次に来たWebKitは約12%となっています。こちらはSafariは比率に関しては横ばいだったものの、バージョンが増えた格好になりました。


12月は、「がっつり×ヘルシー 牛すじぼっかけ×豆腐」というローソンで販売していた牛すじぼっかけと豆腐の煮込んだものがトップになりました。味は悪くなかったんだけど、もう少し何かが欲しかった一品でしたね。そして丁度この頃はFC岐阜のJ2復帰が掛かっていた時期だったので、最終決戦になったガンバ大阪U-23の試合日の話や昇格争いが盛り上がっていましたね。結果は、ご存じの通り(泣)。


1月は、新アニメがまた活況になると思うので、そのあたりをしっかりと紹介できればと思います。アニメアウォーズも、1月に読まれ始めますからね・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0)

2020年12月28日

2020年11月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2020年11月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


今回、PC:モバイルの比率は、20:80となりました。約8割がモバイルユーザーになってきました。時代の流れというのでしょうか、スマホで見ている人が多くなってきたんでしょう。前々からあったんでしょうけど。


PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 10・7・8.1・XPの比率)が約64%(それぞれ約50・6・6・1)となりました。PC比率は減ったものの、Windowsの占める割合が6割を超えてきました。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、Windows 10は、Chrome(86.0→87.0→76.0→84.0→79.0)が約81%、不明が約11%、Internet Exploler(IE。11)が約8%となっています。最新ブラウザであるはずのEdgeがまた無くなり、代わりにEdgeのベースになったとされるChromeがかなり優勢になっています。マイクロソフト涙目だな(苦笑)。
7は、Chrome(86.0→87.0)のみとなっています。今月も大きく動き、Chrome以外のOSがすべて消えてしまいました。先月トップのWebKitが無いのは衝撃的です。
Windows 8.1は、IE(11)が約75%となりました。こちらはIEがメインになっていますけど、これもChromeなどに取って代わられる日は近いと思っています。
上記以外では、UNIXとアップルシリーズ(Mac OS X・iPad)がそれぞれ約15%(アップルシリーズは、それぞれ約14・1)、X11が約6%、Windows XPが約1%になりました。このうち、UNIXは不明のみとなり、Mac OSはSafari(14.0→13.0)約90%、Chrome(86.0)が約10%となりました。iPad・Windows Vistaは今月は不明になりました。


対して、モバイルはAndroidが約66%、iPhoneが約34%となっております。先月とほぼ同じような比率になって拮抗しています。
AndroidはChrome(86.0→63.0→87.0→84.0→85.0→79.0→83.0→80.0)が約83%、不明が約13%となっています。こちらは先月とほぼ変わらない比率になりました。
iPhoneに関してはSafari(14.0→13.1→不明→12.0→12.1→13.0)が約85%となり、次に来たWebKitは約14%となっています。こちらはSafariが比率を上げてきていますが、バージョンは少なめになりました。


11月は結構割れた月になったのですけど、丁度10/31に投稿した記事が一番読まれたものになりました。「徳川町如水監修 塩ラーメン」というセブンイレブンの商品の記事ですね。


12月は、年末ということで色々なことを書いていく予定です。例年ならあの記事も上げることになるのでしょうけど、はてさて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2020年11月26日

2020年10月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2020年10月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


今回、PC:モバイルの比率は、25.5:74.5となりました。約1/4がPCユーザーになってきましたね。個人的にはPCでゆっくり見る方がいいと思ってやっているのですよ、ここだけの話。


PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 10・7・8.1・Vistaの比率)が約59%(それぞれ約53・10・5・1)となりました。PCの比率は上がっているのに、Windowsシリーズの比率は下がって、6割を切りました。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、Windows 10は、Chrome(85.0→86.0)が約79%、Internet Exploler(IE。11)が約14%、不明が約5%、Edge(18.17763)が約2%となっています。最新ブラウザであるはずのEdgeは復活したものの、約2%と非常に低調。一方でChromeは8割が見えてきました。
7は、WebKitとChrome(86.0→85.0)がそれぞれ約36%、IE(11)が約18%となっています。今月も大きく動き、今まで出てこなかったWebKitが同率ながらトップに躍り出てきました。細かいパーセンテージで見れば、WebKitは事実上のトップです。
Windows 8.1は、Chrome(86.0)とIE(11)がそれぞれ約40%となりました。IEが復活したものの、全体的には低調だったようです。
上記以外では、UNIXが約25%となり、アップルシリーズ(Mac OS X・iPad)は約7%(それぞれ約5・2)、Windows Vistaが約1%になりました。このうち、UNIXは不明が約96%となりました。Mac OSはSafari(13.1→8.0)約84%、Chrome(85.0)が約17%で、iPadはSafari(11.0)が約50%となりました。Windows Vistaは今月は不明になりました。


対して、モバイルはAndroidが約65%、iPhoneが約35%となっております。先月4割だったiPhoneが再び3割台に。Androidとのせめぎ合いは再び過酷なものになっていくのでしょう。
AndroidはChrome(86.0→85.0→63.0→83.0→79.0→84.0→78.0→74.0)が約81%、不明が約13%となっています。Chromeが若干落ちたかなというふうですね。
iPhoneに関してはSafari(13.1→14.0→不明→12.1→13.0→11.0→12.0→10.0)が約80%となり、次に来たWebKitは約20%となっています。WebKitが2割になっていますけれども、まだ先々どうなるかわからないですね。


10月は、来年発売予定の「同級生リメイク」の話がトップになりました。いつもなら飲み食い系の話がトップなんですけど、やっとゲーム系サイトの面目躍如となったわい(笑)。
11月は、クライマックスになる野球とサッカーの話が出てくると思うのですけど、食欲の秋なんでね、いつも以上に食い物の話ができればとか思っています。面目躍如って一体(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)