2022年10月12日

秋の新アニメ2022 その11 転生したら剣でした

秋の新アニメ2022、11回目は投稿小説サイトの「小説家になろう」が原作で、後にマイクロマガジン社から刊行されているライトノベルレーベルのGCノベルズで展開している「転生したら剣でした」です。
この作品は、前からテレビCMで度々紹介されていましたし、前評判も悪くなかったこともあり、かなり期待している作品の一つですね。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、不慮の事故で亡くなり、異世界では剣として転生した男。しかし知性を持つ剣として転生したことで、一人でも敵と戦うことができ、その敵を倒すことで得た経験値とスキルで、まだ見ぬ所有者を夢見て成長していった

ある日、レベルアップを図るため更なるエリアに向かった時、そこが魔力を吸収されてしまうところだったため身動きが取れなくなり、誰かの救援を待っていた。その時、奴隷として虐げられていた黒猫族の少女と出会い、折しも巨大な魔獣の襲来で周囲が混乱する中で、彼と共に戦い、見事倒すと同時に、虐げていた奴隷商人を殺すことにより、自由の身となった


以降、師匠と呼ばれる剣と強さを求める少女との旅が始まる



というふう。


今回は主人公である剣と奴隷商人に虐げられている少女との出会いを描いたものなのですが、前半は基本的に剣の成長を描き、後半は少女の苦難な生活と剣との出会い、そして初陣が描かれています
話のテンポとしては意外にも淡々と進んでいるのですが、テンプレとはいえきちんと自身の強さをわかるように伝えているのは、悪いことではないのかなと。その合間に虐げられている少女のかわいそうな姿を見せられるので、早く何とかしてやれと感情移入しやすくもなっています。
そしていよいよ出会って、魔獣をぶっ倒すシーンですが、スタイリッシュですね。勧善懲悪な作品を見ているかのように、胸のすくシーンになりましたね。


思っていたのとは違うふうですけど、非常にオーソドックスで悪くはないと思います。欲を言えば、もうちょっと華が欲しいかなと思いましたけど、今後少女との『共闘』シーンで見られると思う・・・というふうになればいいなぁ(ニヤニヤ)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む

Posted by alexey_calvanov at 21:21Comments(0)

2022年04月06日

春の新アニメ2022 その5 乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です

春の新アニメ2022、5回目は元々は投稿小説サイトの「小説家になろう」で展開され、後にマイクロマガジン社のレーベルであるGCノベルズで刊行されている「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」です。
原作は2017年から展開と結構新しい部類になるのでしょうね。たいていそうですが、ノーマークの作品なので、どう転ぶかはわからん(苦笑)。イメージイラストで決めてますからね・・・。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、とある貧乏男爵家の三男坊。しかし、ある時自分の前世の記憶がよみがえってきた。


実は、前世では妹の無理強いで、ある乙女ゲームのコンプリートを強要され、何とかクリアしたものの、その後起こった体調不良で階段を踏み外し命を落としていたのだ。そう、彼の今住む世界は、前世でプレイしていた乙女ゲームと同じ世界だったのだ。
当初は超女尊男卑の世界でもある今の世界をつつがなく暮らせればよかったと思っていたのだが、その事実に気付き、かつ自身に舞い込んだ酷い縁談話をきっかけに、この世界を変え、成り上がろうと決意するのだった。



というふう。


話の導入部分は、結構丁寧に描かれていたと思います。前世の自身の立場、転生後のモブキャラとしての立ち位置、酷い縁談話をきっかけに世界と自身を変えようと動く様の状況と過程が、本当によくわかる。しかし、突拍子が無さ過ぎるのとなろう系特有の強引に物事を押し切ってしまう展開が透けて見えてしまっていたかなと。
話の持って行き方はよかったので、もう少し『俺すごくね』的な要素を絞って進めていけば、面白くなるんじゃないかなと思っていますが、どうなんでしょうね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:14Comments(0)

2021年07月09日

夏の新アニメ2021 その9 転生したらスライムだった件(第2期・後半)

夏の新アニメ2021、3回目は小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されたライトノベルが原作で、後にマイクロマガジンで刊行されているGCノベルズで商業化されている「転生したらスライムだった件」の第2期の後半です。
前にも書きましたが、今年は転スライヤーということで、冬には第2期の前半戦、春には「転スラ日記」というスピンオフ作品が展開されました。個人的には、どちらもよくできたものに仕上がっていて実によかった中、いよいよ2期もクライマックスになります。どうなるのか楽しみでもあります。なお、実質6月最終週からのスタートになったのですが、インタールード的な扱いとなり、第2期前半のハイライトを主人公の身体の中に取り込まれた2人の『人格』によって語られるという、これまた面白い展開になっていましたね。コメディタッチの「転スラ日記」とシリアス分が高めの第2期の橋渡しとして最適な落としどころになっていたなと。


あらすじは続きモノなので無し。神之怒(メギド)によって魔王になった主人公が、殺された仲間達をよみがえらせ、いよいよカウンターに打って出るところから始まります。


今回は、仲間達がよみがえった後の話(つまり後日談)になっているため、基本的には話の続きになることから、過去の展開を見ていないとわからないのは必至なものの、それでも後日談というシーンにすることで、登場人物達の人となりを少しでもわかるようにしているあたりは、評価してもいいのかなと。しかし、よみがえった過程で料理スキルが上がっているあの人(笑)。
今後は、過去の展開からハードなものになるんだろうけど、何とか仲間達の力を使って解決しているので、大丈夫でしょう(ニヤニヤ)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2021年01月06日

冬の新アニメ2021 その3 転生したらスライムだった件(第2期)

冬の新アニメ2021、3回目は小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されたライトノベルが原作で、後にマイクロマガジンで刊行されているGCノベルズで商業化されている「転生したらスライムだった件」の第2期です。
第1期は2018年に放送され、翌年春にて好評のうちに終わりました2019年4月からは、テレビ愛知などで拡大放送が実施され、今回の放送に繋がったところもあります。


あらすじは続きモノなので無し。
モンスター・人間・精霊などの協力で自らの国を作り上げ、平和な世界の構築への一歩を踏み出した主人公が、新たな脅威と対峙するところから始まります。


というわけで、再開1話目は第1期の総集編のような感じで、主人公目線でのあらすじをたどる格好で進みました。
新しい部分は最終盤以外は無かったものの、およそ1年開いてしまったことを考えれば、かつ今回は分割ながらも2クールでの展開なことから、無駄を惜しまずにやった方がいいとも思っていたので、今回のような振り返り回は重要だと思います。
そして最終盤に明らかになった新たなる脅威。しかも主人公が食べることで取り込んだ炎の魔人のお弟子さんじゃありませんか。そんな人と対峙するのだから、主人公が骨の折れるような発言をしているのもうなづけます。新シーズンも楽しみになってきましたね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 21:03Comments(0)

2018年10月02日

秋の新アニメ2017 その1 転生したらスライムだった件

秋の新アニメが始まりました。今年はいい作品が揃っているので、毎年秋アニメが一番いいと言われている中で、今年の秋アニメもその法則に当てはまるのか、気になるところですね。


さて、記念すべき1回目は、小説投稿サイト「小説家になろう」で連載されたライトノベルが原作で、後にマイクロマガジンで刊行されているGCノベルズで商業化されている「転生したらスライムだった件」です。人気作品でコミック化などマルチ展開もなされていただけに、テレビアニメ化は満を持しての登場とも言えます。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、女性との付き合いがない以外は至って普通の37歳サラリーマン。ある日、彼は会社の同僚の呼び出しに応じ、都内のあるところで待ち合わせをすることになる。
そこで、刃物を持った男が襲撃し、主人公は同僚を守るために男の刃を受けて死ぬことになる。

そして、彼は不思議な世界に転生することになる。しかし、彼はスライムになっていたのだった。



というふう。


初回は説明回になってたのですが、ともすれば冗長になりがちな中でテンポよくコンパクトにまとめられていたのがよかったかなと思います。特にテンポのよさが際立っており、説明の一つ一つがわかりやすかったのも好印象主人公の一人語りも多かったものの、うっとうしいというふうにはならなかったですね。

今後、友達になったドラゴンやゴブリンなど様々な仲間が出てくることと思います。1クールでの展開ならかなり多彩で複雑になりがちになるでしょうから、どこまで表現を抑えるか、どこまで表現にディティールを持たせるかというバランスを考えながら作られることでしょう。そして、オープニングに出てきた第2次世界大戦の東京の大空襲で火災旋風によって亡くなったと思われる少女の存在はいつ語られるのか1話では出てこなかったので、それならその子が登場する時に回想でええやんとも思ったのですが、そこまで演出してまでやったのですから、何かしら意味を持つものだろうと思っております。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)