2021年02月18日

何とも言えない微妙さ

先日ソフトバンクから発表された「SoftBank on LINE」(仮)。今日このプランの発表会があり、正式名称が「LINEMO(ラインモ)」となりました。元々LINEモバイルを買収して組み込んだプランですから、わかりやすいと言えばわかりやすいな。
発表会を開いたということは、大きく変わった部分があるという意味だろう・・・と思った方。半分正解で半分間違い。

確かに「LINEMO」という名称に切り替わりました。そして料金も変わりました。とは言っても、5分間の通話定額が付いて2980円(性別。以下全て税別表記)/月だったものが、500円安くする代わりに5分間の通話定額を外すというものになりました。5分間の通話定額が「通話準定額オプション」というものに名を変えただけで、実質auの「povo(ポヴォ)」と国内通話かけ放題を併せたものと同じ体系になったのです。悪く言えば『改悪』です。


その「LINEMO」、特徴としてはLINEモバイルを取り込んだこともあり、LINEの利用時はデータ通信が無料になる点(「LINEギガフリー」)と「LINEスタンプ プレミアム」のベーシックコース(240円/月)が無料で使える点くらいでしょうか。オプションに関しては、先述の「通話準定額オプション」と「通話定額オプション」(1500円/月)くらいで、auの「povo」に見られた24時間通信使い放題のような大胆なオプションは盛り込まれていません


はっきり言いましょう。すごく微妙です。
既存のLINEをよく使っているユーザーがトクになるかなという懐疑的なレベルでしか見られません。もしくはLINEを連絡手段に使っている法人が検討するかなというレベルでしょう。ただ通話定額が付いていないので、それも微妙なところがあります。そう考えると、今回のソフトバンクの「LINEMO」は失敗のニオイが漂い始めているとも・・・。


ともあれ、これで新料金プランが出揃った格好になります。


NTTドコモの「ahamo」は、2980円/月で5分間の通話定額付だが、これ以上の追加は現状不可
auの「povo」は、2480円/月。ただし5分間の通話定額はトッピング(オプション)扱いで、500円/月追加。この他にも24時間通信料無料というトッピングも用意され、将来的に拡張の予定アリ(複数付けられるかは不明)
ソフトバンクの「LINEMO」は、2480円/月でLINE使用時のデータ通信とLINEスタンプのスタンダードコースは無料。ただし5分間の通話定額はオプション扱いで、500円/月追加通話定額も1500円/月で追加だが、これ以上のオプションは現状無い模様
楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は、1GB/月〜3GB/月の場合は980円/月、3GB/月〜20GB/月の場合は1980円/月、20GB/月以上の場合は2980円/月という段階制。さらに1回線のみだが、1GB以下の利用の場合は無料になる特例もアリ


政府の方針によって安くなったのはいいけど、結果的に事実上の横並びになって、ますますどこがいいかわからないというふうになってしまったのかな・・・とは思っているものの、ちょっとずつディティール突いて見ていくと、大きな違いがあるんじゃなかろうかと思える部分もあるので、自分の現状を鑑みて選んで欲しいものです。幸いなことにオンラインで申し込み(楽天モバイルのみ店頭対応も可能)というふうなので、じっくりと比較もできますしね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:42Comments(0)