2020年07月30日

夏の新アニメ2020 その11 日本沈没2020

夏の新アニメ2020、最後となる11回目は、小松左京さんの小説「日本沈没」が原作の「日本沈没2020」です。この作品は、NETFLIXオリジナル作品として配信されています。「A.I.C.O. Incarnation」のように、数年後に地上波やBSで展開される可能性もあるかもしれませんけれども、今期は新作アニメが少ない(春アニメから延期された作品があるので、多く見えるだけ)中、丁度いい機会でもあるので、取り上げようと思います。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


2020年、オリンピックが無事に終わった東京。街中では普通の生活を送る人々がいた中で、主人公一家もそれぞれの日常を送っていた。父親はオリンピックの後片付け(陸上競技場の液晶解体工事)を行い、母親は外国での用事を済ませ帰国の途に就き、娘は将来のオリンピック選手を目指し練習し、息子は家でオンラインゲームを楽しんでいた

そんな日常を突如地震が襲い掛かる。最初は大きな揺れだったものの、何かしら大きな被害は出なかった。しかし、第2波とも言える地震が東京を壊滅させる。家族はそれぞれの場所から家族に再会するため戻るのだった。



というふう。


この作品、ネット上では賛否両論出ているとのことで、例えば中日新聞および東京新聞の夕刊に掲載されている「大波小波」というコラムでは、「「反日的」かナショナリズム的か多文化主義的か、などの議論が起こっている」と紹介されています。たぶん、そのあたりは先を見ての感想だと思うので、今回は普段通り、1話見ての感想に留めます。


正直、壮絶過ぎてぐうの音も出ないふうでしたね。そんな中でもツッコみどころが多いとも言われておりますけど、個人的に気になったのは・・・。


  1. 娘が更衣室から出る時に結構深い傷を足に作ったのに、結構な距離を走っていると思しきシーン。

  2. 川に緊急着陸した飛行機から脱出している時に、津波が襲い掛かってくるものの、母親は川に飛び込んだばかりか溺れた子供まで救助しており、しかも無事で再登場するシーン。

  3. 空から死体が降ってくるシーン。ヘリから落ちてきたものと思われるが、なぜそうなったのかの説明が(1回目だけを見る限りでは)なされていない。



ところでしょうかねぇ。
特に2番目は、母親が競泳の選手だったとのことですが、津波の過酷さおよび東京のようにモノがあふれる場所での津波と考えると、非現実的過ぎて助かるわけがないと思わされましたね。運がいいでは済まないどころかマネしちゃいかんと言わないといけないくらい。


現状では、救いのない世界が、これからやって来るんだろうなと思わせるところがあるものの、一部の非現実的なシーンによって、フィクションの中ににじみ出るリアリティの部分がかすんでしまうばかりか、作品の深みを少なくしてしまいかねない危険性をもはらんでいます。
あとは、これは普段あまり言わないのですけど、絵のクオリティが心配なレベル少しどころか結構クセのあるものになってるのもあって、そこで見るのを止めてしまいかねないかなと。

ちなみに、この作品は全10話が配信済みになっております。色々賛否の分かれている作品なので、できれば最後まで見たいと思います(一応総評のために、3話までは確実に見ます)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:17Comments(0)

2020年07月16日

夏の新アニメ2020 その7 A.I.C.O. Incarnation

夏の新アニメ2020、7回目は講談社から刊行されている月刊マンガ雑誌である「月刊少年シリウス」にて連載されていた作品が原作の「A.I.C.O. Incarnation」です。
マンガが原作と書いていますけど、こちらはNETFLIXで展開されたオリジナルアニメの側面も持っていますNETFLIXで全世界配信されたのは、2018年。ゆえに、2018年のアニメになります。そのため、夏の新アニメで取り扱おうか否か悩んだわけです。一応今年の夏の新アニメにしてありますが、他の作品と一緒くたに評価はしないつもりでいます。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


バイオテクノロジーが急速に進化した近未来の日本。黒部で行われていた人工生体の研究中に事故が発生。それに伴い、人工生命体が突如暴走黒部峡谷一帯に広がった人工生命体を抑え込むため、近くにあった研究都市は政府によって立ち入りが禁止された。


事故から2年。事故で家族を失った主人公の女子高生は、終業式前に突然転校してきた男子生徒により、思いもよらぬ方向に転がる。そして、彼女は自身の真実を知ることになる



というふう。


いきなり人工生命体との戦闘シーンというのかチェイス的なシーンから始まるため、何が何だかわからないまま話が進んでしまいましたね(汗)。そこからいきなり主人公のワンシーンに落ちていくという展開は、カッコいいというのかオシャレというのか、そう思わせたかったんでしょうけど、結局何が言いたいの?となってしまいました。
その代わり、主人公のパートはある程度しっかり描かれていて、車いす生活ながらもリハビリを行って立って歩けるように頑張っている姿が描かれながらも、強い接触があるとあざのように黒ずむ部分がある(実は、彼女の身体の秘密と大きな関わりがある)という彼女自身のプロフィールを垣間見ることができました。ただ、いきなり転校生がやってきたら、「アルプスの少女ハイジ」のクララも真っ青になるくらいすっくと立っちまうのが解せないどうしてこうなったのかの起因が描かれていないので、頭の中で『?』が回っちゃうんですね。
そしてまた急展開になり、彼女の秘密がジェットコースターの終わりにちょろっと出ておしまい。これはわかりにくいなぁ・・・。引っ掻き回すだけ引っ掻き回して、大した情報は出されず、詳細は次回・・・というのは、やるせない。

1話で見せようというふうではなく、徐々に情報を小出しにしていこうというパターンなんでしょうね。ただ、それだと主人公や世界観が十分理解できないまま先に進んでしまうので、ちょっとまずいんじゃないかなと。一気見で見られる(それでもNETFLIXでは、当初毎週少しずつ公開だった気がする)配信だからこそなんでしょうけど、地上波やBS放送ではもどかしいまま進んで、わかりにくいんじゃないのかなぁ・・・。

ちなみに、NETFLIXでは既に全話配信されていますが、字幕も備わっているだけでなく解説放送もあるので、舞台背景もある程度わかるようになっています(まぁ、視覚障害者向けのものなのですが)。ゆえに見るならNETFLIXがオススメです・・・という宣伝(ギャハ)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:54Comments(0)