2013年03月20日

世界に一つだけのネオジオ

1990年~2004年まで稼働していたNEOGEO(ネオジオ)。業務用でも家庭用でも遊べたこのハード、非常に息の長い展開をしていました。今でも、外国では安価なハードということで、高い人気を誇っています。また日本でも、古いゲーセンに行くと現役で稼働していることもあったり、デキのいいゲームが多かったことから、今でも遊んでいるファンが多いとのこと。

既に本体製造が終わったNEOGEOは、2012年にNEO GEO Xという携帯ゲーム機として復活を果たしていますが、やはりあの本体で・・・という人も多かろうと。でも、一風変わった本体が欲しい・・・なんてコアの中のコアなファンがいるんじゃなかろうかと。


そんな、世界で一つだけの花・・・ならぬ世界で一つだけのネオジオが欲しいあなたには、木製のNEOGEOがオススメ。・・・いや、あるんですって(笑)。

Analogue Interactive(アナログ・インタラクティブ)というアメリカの会社が制作した「Neo Geo Consolized MVS」は、コネクト部分や電源スイッチ以外は何と全て木製使用している木はクルミだそうで、非常に丈夫です。また海外産にも関わらず、内部メモリ用のリチャージバッテリー・リージョンフリー搭載なので、日本でも遊べます(気になるのは電源周りだけか)使っているのは業務用のMVSとのことなので、安価に扱えるのだそうですけど、それでも649ドルするのね(泣)。
で、ここまでは2011年5月に販売された「Neo Geo Consolized MVS」の紹介今回紹介したいのは、それよりさらにグレードの上った「Black Label」というもの。
この「Black Label」、同じ木製ではあるものの、サクラ・ヒッコリー・ハードメープル・マホガニー2種・樫(オーク)2種など9種類の中からチョイス可能。さらに、Analogue Interactiveが指定したカーリーメープル・タイガーメープル・ローズウッドなど19種類の中からもチョイスが可能になっています。
価格は9種類の中からの場合は1299ドル、19種類の中からの場合は1299ドルプラス指定木材の費用(120~585ドル)がかかります。やっぱ結構するわ(大泣)。
ちなみに、本体とアナログスティック2本でこの値段。どちらも木製なことを考えれば、高いのか安いのか・・・。


世界に一つだけの花世界に一つだけの花



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:19Comments(0)TrackBack(0)