2022年05月01日

レコゲー2022 5月 前編

5月になりました。大型連休真っ只中ですが、遊びに行く人、働きに行く人、それぞれ大変だと思いますけど、どうか身体に気を付けてほしいものです。
ゲームの新作販売は、この大型連休を挟むことで少なめ。5月の中旬あたりから徐々に出るようです。では、早速見て行きましょう。


今回は各ハードの注目作も1本のみなので、サクッといきましょうか。


その作品は、Nintendo Switchの那由多の軌跡 アド・アストラ(★)
2012年にPSPで発売された「那由多の軌跡」をベースにしたもので、2021年にPS4でハイデフ・高音質化されたバージョンが発売されています。今作は、そのPS4版をベースにしているものと思われますが、実は日本ファルコムとして初めての発売になります。今まで日本一ソフトウェアが代行して販売していたので、今作からは名実ともにファルコム作品となるのかもしれませんね。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 21:13Comments(0)

2022年04月03日

レコゲー2022 4月③

レコゲー、今回は各ハードの注目作の紹介です。


最初はPS4から。こちらは、キスから始まるギャルの恋 ~くるみのウワサとホントのキモチ~(★)のみになります。
2021年に発売した同作品の移植版。ギャルゲーのシンプルゲーム的な扱いの作品が、このところでていますけど、今作もその一つです。
隣に座る謎めいたクラスメイトとの付き合いが恋愛模様に発展するというものになっています。追加要素は特に無いものの、PC版を遊べない人にも手軽に遊べるという点ではオススメしたい作品です。


対してNintendo Switch。こちらもNintendo Switch Sports(★)のみになります。
Joy-Conで操作する体感型スポーツゲームで、テニス・ボウリング・チャンバラ・サッカー・バドミントン・バレーボールの6種類になっています(秋頃、アップデートでゴルフが追加予定)特徴としては、Joy-Conを持って振るか専用のレッグバンドに取り付けて足に巻いて蹴る動作をする(サッカーをプレーする場合)とのこと。
今作ではプロ認定というものが存在し、オンラインプレイをすることでランクが上がる仕組みになっています。なお、今作品はNintendo Switch Liteは携帯型のハードになるため対応していないので、注意が必要です。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2022年04月02日

レコゲー2022 4月②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品の紹介です。


後半戦最初は、「奇々怪界 黒マントの謎」(PS4Nintendo Switch)(★)
1992年にスーパーファミコンで発売された「奇々怪界-謎の黒マント-」の続編にあたる作品。「奇々怪界」そのものは、1986年にタイトーから展開されていたもので、前作と今作はタイトーからライセンスをもらって作成されたものです。
倒していたはずの黒マントが生きていたのを知った2人が再び黒マントを打倒するために彼の謎を追うアクションゲームで、誰でもクリアまで行けるように調整できるようにもなっています。他にもフリープレイが可能になっており、5人いるキャラから2人を選択しての協力プレイも可能です。
もう一つは、「飛翔鮫!鮫!鮫! -TOAPLAN ARCADE GARAGE-」(PS4Nintendo Switch)(★)
1987年に東亜プランで稼働したシューティング「飛翔鮫」が収録されたもので、東亜プラン倒産に伴い、長い間著作権をめぐり不明瞭だったため移植が叶わなかったものが遂に発売されることになりました。
今作以外にも、同作の北米版と海外版およびNES版が収録されている他、1989年に稼働した続編「鮫!鮫!鮫!」のアーケード・メガドライブおよび海外版(アーケードとGENESIS版)や1987年にタイトーで稼働および発売・東亜プランで開発されたアクションゲームの「ワードナーの森」のアーケード版・海外版・ファミコンディスクシステム版が収録されています。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:03Comments(0)

2022年04月01日

レコゲー2022 4月①

4月になりました。春になったというのに、花冷えで寒い・・・という地域が多かったのではないかと思います。また新入学・新社会人のスタートにもなるこの時期、忙しく準備・船出となった方も多いのではないのでしょうか。
意外にもゲーム業界は4月も活発なことが多く、スタートダッシュの面と年度末に間に合わなかった作品が出てくる面と両方あるんですね(苦笑)。早速見て行きましょう。今回もマルチ展開の作品の紹介です。


最初は、「メタルドッグス」(PS4Nintendo Switch)(★)
2021年にPC(Steamのアーリーアクセス版)で発売された同作品の移植版。メタルマックスシリーズ30周年記念作品でもあります。
今作の主人公は、作品の象徴的キャラである犬3匹(笑)。大砲や銃火器を背負ったおっかないお犬様なんだぜ(ニヤニヤ)。
作品としてはアクションゲームで、はびこるモンスターやお尋ね者モンスターを背負った大砲などでバンバン打ち倒してしまおう通常モードの他、死んでしまうとペナルティでアイテムや装備を没収される・弾数制限などの制約があるハードモードが用意されています。

2番目は、「eBASEBALLパワフルプロ野球2022」(PS4Nintendo Switch)(★)
シリーズ最新作の野球ゲーム。この時期になるとたいてい出てくる作品ですね。
今回の特徴は、何と言ってもレジェンド選手としてイチローさんが登場することでしょうか。平成時代のスーパースターの一人が、いよいよ登場ですから、ファンの方はもちろん、野球をあまり知らない人でも知っている人だと思うので、欲しいと思う人もいらっしゃるのではないのでしょうか。
それ以外では、特殊能力が大幅に増えた点やアレンジ機能の大幅追加、巨人のキャンプ地でお馴染みのひなたサンマリンスタジアム宮崎など4つの球場が追加されます。さらに新モードとしてパワパークが追加野球と様々なものをミックスさせたアトラクションがあり、サクセス・パワフェス・栄冠ナインなどで作成したオリジナル選手をオンラインで対戦させることができますモード中のミッションをクリアすると勲章が得られます。今後アップデートで施設が増える予定だそうです。

3番目は、「ウイニングポスト9 2022」(PS4Nintendo SwitchPC)(★)
シリーズ最新作で、競馬ファンの熱い支持を受けた作品になっています。
今作ではシナリオが7つになり、新秘書と新キャラが追加されます。また史実の期間でも海外に牧場を開設できるようになった他、現役中所有していた種牡馬や引退種牡馬を繁養できる新施設や新作戦に馬同士の絆という新要素も登場します。オンライン要素も充実しており、新要素として時代を越えたスターホース達が集うレースを予想し、馬券の連続的中を目指すモードが誕生しました。


次回もマルチ展開の作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)

2022年03月04日

レコゲー2022 3月 決算期スペシャル④

レコゲー、今回も各ハードの注目作の紹介です。今回もNintendo SwitchとPS5の作品紹介です。
まずはNintendo Switchの注目作の紹介から。


後半戦最初は、ぎゃる☆がん だぶるぴーす(★)
2015年にPS4・PS Vitaで発売した同作品の移植版。
今作は、PS Vitaで搭載していたタッチスクリーンにも対応しており、PS4版に搭載されたダウンロードコンテンツは全て収録しています。

2番目は、はぴねす! SakuraCelebration(★)
2005年に発売した「はぴねす!」の移植版。
恐らくベースになっているのは、2007年にPS2で発売された「はぴねす!でらっくす」ではないかと思われますが、実に17年ぶりのリバイバルになるので、新作と言っても過言ではないでしょうね。

最後は、キストリロジー(★)
2020年にPCで発売されたキスシリーズ3部作(「ホチキス」・「キスベル」・「キスアト」)の移植版。コンシューマーでも同じ年にPS4で発売しましたから、これがベースになっていると思われます。
フルHD化されただけでなく、携帯性もあるものになっているので、いつでもプレイできるのは、いいですね。


そして、PS5の注目作は、1作品のみになります。その作品とは、トロピコ 6
2019年にPS4で発売した同作品の移植版。前作の5をベースにしているのは、今回も変わらないようです。
4K画質にアップグレードされる他、PS4からPS5へのアップグレードにも対応(有料)しています。また過去のダウンロードコンテンツも収録されているようです。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:14Comments(0)

2022年03月03日

レコゲー2022 3月 決算期スペシャル③

レコゲー、今回から各ハードの注目作の紹介です。最初はNintendo Switchの注目作の紹介です。


最初は、星のカービィ ディスカバリー(★)
シリーズ最新作で、初めて3D空間で描かれた作品となります。
今作では、色々なものをほおばることで新しい能力・アクションを得られる「ほおばりヘンケイ」という機能が搭載されます。車になったり自動販売機になったりとホントにいろんなものに変わるみたいだよ(ニヤニヤ)。

2番目は、TRIANGLE STRATEGY(★)
HD-2Dで描かれたクウォータービューの高低差あるマップで描かれたタクティクスRPGで、「OCTOPATH TRAVELER」の流れを組む作品になります。信念が一つのキーワードになり、探索や仲間の説得などで己の信念が変わっていくこともあります。時には仲間になるならない、ともすれば敵になる可能性も・・・。

3番目は、チョコボGP(★)
1999年に発売された「チョコボレーシング ~幻界へのロード~」以来23年ぶりのレースゲームになります。
「チョコボレーシング ~幻界へのロード~」からはアビリティと魔石の要素(基本システム)を引き継いでいるものの、直接的な続編ではないようです。ストーリーモード以外にシリーズレース(決められた4レースを1シリーズとし、3位以上になると次のシリーズに進めるモード)・カスタムレース(魔石の出現種類・CPUの強さなどを自由に設定かつ選択したコースを走れるモード)・タイムアタックの他、オンライン専用でチョコボGP(最大64人で遊べる8人ずつのトーナメント形式のモード)とマルチプレイ(最大8人までで、ローカル通信にも対応)がプレイできます。

4番目は、.hack//G.U. Last Recode(★)
2017年にPS4で発売した同作品の移植版。
4部作で構成された作品で、今作品は2006年~2007年にPS2発売された3部作に加え、先述の通り2017年にPS4で発売された追加作品(第4部)で構成されています。自動生成される世界の中で、「The World」の世界の謎を探っていきます。


次回も各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2022年03月02日

レコゲー2022 3月 決算期スペシャル②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品の紹介です。


後半戦の最初は、「小林さんちのメイドラゴン 炸裂!!ちょろゴン☆ブレス」(PS4Nintendo Switch)(★)
テレビアニメ「小林さんちのメイドラゴン」のスピンオフ作品で、暴走したパソコンの中に閉じ込められた作品のキャラ達が、そこに入っているゲームのクリアをして脱出を目指すものになっています。
遠距離・近距離・ドラゴン姿での攻撃の3つのスタイルを使い分けて戦うだけでなく、作中のキャラとの協力プレイで乗り切るというシューティングながらも一風変わったものになっています。

2番目は、「アイキス3 Cute」(PS4Nintendo Switch)(★)
同日に発売予定の「アイキス3 sexy」の全年齢版として移植という、今までにない展開の作品です。
今までは、何かしらのインターバルを置いて移植されることが多いのですけど、今作はそのラグを全く無くして展開されます。当然ながら追加要素は無いものの、ほぼ同じ作品の内容を同じ時期に楽しめるとあって、18禁要素をプレイできないユーザー層にはありがたいものになるのではないのでしょうか。

3番目は、「MUSICUS!」(PS4Nintendo Switch)(★)
2019年にPCで発売した同作品の移植版。
追加要素は無いものの、元々全年齢向けPC作品から端を発しているため、やっとコンシューマーでプレイできると思っている人も多いのかもしれません。

最後は、「放課後シンデレラ」(PS4Nintendo Switch)(★)
2020年に発売した同作品の移植版。
こちらも追加要素は無いものの、全年齢になってじっくりと楽しめるようになったので、これまで手を出したくとも出せなかった人にも薦めやすくなったかなと。
次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:06Comments(0)

2022年03月01日

レコゲー2022 3月 決算期スペシャル①

3月、いよいよゲーム業界は決算期を迎えます。コロナ禍が長引く中、巣ごもり需要で業績を伸ばしているとはいえ、これだけ長いと経済的な委縮の影響を受けるのではないかと思われます。既にいくつかの会社はそのあおりを受けているようなので、これから厳しい運営を強いられるところも出てくるでしょう。
そんな中でも、決算期ということもあり、多くの作品が登場します。早速見て行きましょうか。今回もマルチ展開の作品の紹介からです。


最初は、「グランツーリスモ7」(PS5PS4)(★)
リアルシミュレーターとも言われるカーレースゲームで、25周年記念作品になります。
シリーズ集大成ということで、グラフィックの強化・ロード時間の短縮・車種ごとの繊細なコントロール・車種ごとのタイヤ感覚の再現・近くの車をリアルに感じられる音響・優秀なAIとこれまでのシリーズ以上に強化されています。なお420種の車が利用可能で、このうち新車も登場予定とのこと。

2番目は「グランド・セフト・オートⅤ」(PS5・XBOX SERIES X/S)(★)
2013年にPS3・XBOX360で展開された同作品の移植版。
今作は2014年にPS4・XBOX ONEに移植された同作品のアップグレード版とも言え、既にPS4・XBOX ONE版を所有している場合は、一度のみ移行が可能になります。特徴としては、最大4Kの解像度、最大60fpsの動画スピード、テスクチャ・描画距離の向上や新たなグラフィックモード、ロード時間の短縮、立体音響の強化などが図られています

3番目は「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド リマスター版」(PS4Nintendo Switch)(★)
2013年にアーケードで稼働し、2014年にPS3に移植された「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」の移植版。Nintendo Switchには初めての登場になります。
新要素としては、これまでのダウンロードコンテンツが全て収録されている点になります。今まで遊んだことのない人にも充実した中でプレイできるでしょう。


次回もマルチ展開の作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)

2022年02月03日

レコゲー2022 2月③

レコゲー、今回は各ハードの注目作・・・といっても、Nintendo Switchの注目作のみになりますね(苦笑)。早速参りましょう。


最初は、アオナツライン(★)
2019年にPCで発売した同作品の移植。2020年にPS4・PS Vitaで発売しています。
今回の移植も、いわゆる(一部表現の変更は加えられているものの)ベタ移植なんですけど、PS4版の高画質、PS Vita版の携帯性を両方持っているので、プレイは格段にしやすくなったのかなと。

2番目は、アサシン クリード エツィオ コレクション
2017年にPS4でも展開されたオムニバスソフト。アサシン クリードⅡ・アサシン クリード ブラザーフッド・アサシン クリード リベレーションの3部作および映像作品であるアサシン クリード リネージとアサシン クリード エンバースが収録されている他、全てのダウンロードコンテンツが収録されています。
Nintendo Switchの移植に際し、携帯モード・HD振動・タッチスクリーンに対応したインターフェイスなどが施されています。

3番目は、CHAOS;HEAD NOAH / CHAOS;CHILD DOUBLE PACK(★)
2008年にPCで発売されたCHAOS;HEADをベースに翌年XBOX360で発売されたCHAOS;HEAD NOAHと2014年にXBOX ONEで発売されたCHAOS;CHILDを収録したもの。
Nintendo Switchの移植に伴い、全編HDリマスターで作成されています。オープニングムービーも1080pのHDリマスターで制作されているとのことなので、当時に比べるとかなり高精細な映像で楽しめるようになっています。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:07Comments(0)

2022年02月02日

レコゲー2022 2月②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品の紹介です。


後半最初は、「ELDEN RING」(PS5PS4PC)(★)
狭間の地と呼ばれる世界を舞台にしたアクションRPGで、世界最大級のゲーム表彰式典であるThe Game Awardsで、最も期待されている作品に2年連続選ばれています
オープンワールドで構成されたフィールドやダンジョンや建物群がシームレスで繋がっており、自由な行動、動物を使っての移動、天候によって左右される展開など様々な事象が複雑に絡まって、奥行きあるものになっています。なお主人公は、かつて過ごした狭間の地を追放された者の子孫で、王になれという言葉に導かれ、狭間の世界にやって来るというふうになっています。

2番目は、「雷電Ⅳ×MIKADO remix」(PS5PS4)(★)
2007年にアーケードで展開された「雷電Ⅳ」の移植版。2008年にはXBOX360、2014年にはPS3にも移植されています。また、2021年にNintendo Switchで同作品が展開されています。
今回は、ゲーセンミカドのプロデュースしたBGMリミックスが用意されています。

最後は、「月の彼方で逢いましょう」(PS4Nintendo Switch)(★)
2019年にPCで発売した同作品の移植版。
コンシューマーオリジナル要素は無いものの、過去と未来とが紡ぐ重厚な物語は、ここ数年の作品の中では良作と言っていいものと思われます。


次回は、各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:02Comments(0)

2022年02月01日

レコゲー2022 2月①

2月になりました。毎年決算期になる3月の前哨戦と位置付けられますが、今年もそれなりに盛り上がっているのかなと思います。しかしながら、大きく注目されるはずだった「ドラゴンクエストⅩ 目覚めし五つの種族 オフライン」が夏に延期となったため、少し盛り上がりの度合いが落ちたかなと。そこだけが残念でなりません。


では見ていきましょう。最初は例によって例のごとく、マルチ展開の作品の紹介です。


最初は、「Horizon Forbidden West」(PS5PS4)(★)
2017年に発売した「Horizon Zero Dawn」の続編にあたる作品。今作では禁断の土地になっていたアメリカ西部を舞台にしています。
かつての仲間を集め、かつ敵対している勢力との融和を図りながら、大いなる敵との戦いに勝つという難しいミッションをこなしていくのが目的になるようです。前作同様に機械生命体が跋扈しているので、彼らの討伐から得られるものを上手く利用する必要があるようです。

2番目は、「ソフィーのアトリエ2 ~不思議な夢の錬金術士~」(PS4Nintendo Switch)(★)
2015年に発売した「ソフィーのアトリエ 〜不思議な本の錬金術士〜」の続編にあたる作品。アトリエシリーズ25周年作品になります。
今作では、シームレスバトルの実施、難易度の高いパネルを利用した調合の実現、仲間との協力スキル実現、天候変化などが追加されています。より精密に、より高度なプレイが楽しめるようになっていますね。

3番目は、「THE KING OF FIGHTERS XV」(PS5PS4)(★)
人気格闘シリーズの最新作。今作も前作に引き続き、3Dでのモデリングが採用されています。
ベースになっているのは、シリーズでお馴染みの3 on 3チームバトル。バトルでの新要素として、「シャッターストライク」という相手をひるませて追撃を食らわせることのできる機能、「マックスモード(クイック)」という必殺技の強化機能が搭載されました。オンラインバトルが充実しているのも、これまで通りなので、新機能を上手く使いこなしたいところです。


次回もマルチ展開の作品紹介になります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:26Comments(0)

2022年01月01日

レコゲー2022 1月 前編

新しい年が始まりました。この時期は例によって発売作品が少ない&発売時期が月半ばあたりという、ゲーム屋にとっては売り辛い時期でもあります。それでも年末商戦の残り弾とかで売り抜くというふうで、何とか乗り越えられるのではないかと思っていますが、巣ごもり需要とはいえ、年々財布のひもは固くなっているそうなので、どう緩めるかがカギになるでしょう。恐らく手っ取り早いのは、中古・ベスト版の拡充なんでしょうけどね・・・。


では見て行きましょう。今回最初はマルチ展開の作品から。


最初は、「白き鋼鉄のX(イクス)2」(PS4Nintendo Switch)(★)
2019年に発売した「白き鋼鉄のX」の続編なんですが、前作は全くのノーマークかスルーしていたんですよね(汗)。内容的には、2Dアクションゲーム、わかりやすく言うとロックマンシリーズに近いものでしょうか。硬派なアクションですわ。
しかし、誰にも遊びやすい仕様に近付けているようで、超高速アクションに破壊することへの爽快感をプラスしています。やりがいを高めているのでしょう。また、救済措置を厚めにしており、HPが0になっても、主人公のパートナーが歌の力で甦らせたり、華麗なプレーを続けることでたまるクードスが1000になると、歌で盛り上げるとのこと。恐らく何かしらの効果があるものと思われます。
なお、前作を遊んでいなくとも楽しめるとのことなので、前作を知らなかったワイのような人にも安心(爆)。それでもキャラは前作と同じだそうなので、前作も遊べよという罠(ギャハ)。

2番目は、「レインボーシックス エクストラクション」( PS5PS4)(★)
人気シリーズの最新作。今作は、レインボーシックスの精鋭オペレーター達を終結させた新チームが、危険生命体を討伐するというもの。18人のオペレーターの中から最大3人(3人プレイの場合)を選び出すことができます。ソロプレイの他に所持者だけでなく、未所持者も体験版を通じてプレイできる協力プレイも収録しており、恐らく引継ぎも可能なのではないかと。なお、全ハードを横断してのプレイ・セーブも可能とのこと。


お次は、各ハードの注目作・・・といっても、今回はNintendo Switchのみですが(苦笑)。


その作品とは、Pokémon LEGENDS アルセウス(★)
今作は、シリーズの舞台である地方の過去のお話がメインになっております。どちらかというと大人向けな雰囲気を漂わせているようで、『ポケットモンスター』ではなく、『Pokémon』と書いているのもそう思わせる雰囲気を漂わせていますね。
今作はアクションRPGとなっており、依頼を受けて調査し、目標を達成して、また新たな調査に赴く・・・という流れになっています。そのためには、ベースキャンプや必要な道具を用意し、調査の際に相性のいいポケモンを連れて行くということも重要になってきます。また戦闘でもシームレスバトルであったり、素早さによって行動順が割り振られており、状況によっては連続で行動するかのようなふうになることもあるらしい。力業・早業といった必殺技的要素もあり、以上によって、より戦略性が高いものに仕上がっていますね。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 20:27Comments(0)

2021年12月03日

レコゲー2021 12月③

レコゲー、今回は各ハードの注目作の紹介です。今回はNintendo Switchの注目作の紹介です。というか、今回はそれのみなのよね(苦笑)。


最初は、アイキス(★)
2019年にPCで発売した同作品の移植版。コンシューマー版はPS4・PS Vitaで2020年に発売しています。
新規要素はPS4・PS Vita版と同じくサブヒロインのメインヒロイン昇格くらいですね。ただ、据え置きと携帯の両形態をシームレスで楽しめるようになっているので、いつでもどこでも・・・となるでしょう。

2番目は、夢幻戦士ヴァリスCOLLECTION(★)
1986年にPCで発売した1作目・1989年にPCエンジンCD-ROM2(シーディーロムロム)で発売した2作目・1990年にPCエンジンCD-ROM2で発売した3作目を収録したオムニバス作品。なお、1作品目は、1992年にPCエンジンCD-ROM2に移植されたものが収録されているので、事実上3作品ともPCエンジンCD-ROM2版からの移植となります。
キャラゲー・ギャルゲーの元祖とも言われ、1980年代のSFアニメの影響を色濃く残した作品でもあるので、当時の雰囲気が好きな人にオススメです。

3番目は、モンスターファーム1&2 DX」(★)
1997年にPSで発売された1作目と1999年にPSで発売された2作目とのセット販売版。通常版はダウンロード版のみで、25周年記念BOXがパッケージ版となります。
既に2019年に1作目が、2020年に2作目が移植されていますけれども、それらとの違いは、セーブデータ枠の解放が既に行われている点、冬眠枠の増加、育成メモ機能・高速操作モード・ランダム対戦ランキング機能の追加となり、2のみ原作サウンドの追加と海外版のモンスターが登場するようになっています。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:55Comments(0)

2021年12月02日

レコゲー2021 12月②

レコゲー、今回もマルチ展開の話になりますが、一つだけ普通に紹介。
それが、「コットンロックンロール」(PS4Nintendo Switch
シリーズ30周年を記念した完全新作で、コットンシリーズの他、「ザンファイン」のタイムシステム(残り時間が0になるまで何回もチャレンジできるシステム)、「サイヴァリア」のBUZZシステム(敵弾ないしは敵機を自機にかすらせることでパワーアップさせるシステム)などを搭載しています。過去にそれらの作品を遊んだ人にもそうでない人にも、違った感覚で遊べるかもしれません。


この先はリメイク作品になるので、サクッとご紹介。
①「グランド・セフト・オート:トリロジー:決定版」( PS4Nintendo Switch
2003年にPS2で発売した「グランド・セフト・オートⅢ」、2004年にPS2で発売した「グランド・セフト・オート・バイスシティ」、2007年にPS2で発売した「グランド・セフト・オート・サンアンドレアス」をまとめたオムニバスソフト。
解像度の向上だけでなく、「グランド・セフト・オートⅤ」に準じた操作性に変更されるなどのブラッシュアップが計られています。規制表現は、恐らく海外準拠とのことですけど、パッケージ作品は修正が加えられているかもしれません。ホットコーヒー?何それ美味しいの(ギャハ)?

②デススマイルズⅠ・Ⅱ(Nintendo Switch
2007年にアーケードで稼働した「デススマイルズ」と2009年にアーケードで稼働した「デススマイルズⅡ 魔界のメリークリスマス」を収録したオムニバスソフト。コンシューマーには、Ⅰが2009年に、Ⅱが2010年に共にXBOX360に移植されています。
今作では、2008年にアーケードで稼働した「デススマイルズ メガブラックレーベル」が収録されている他、両作ともアーケード版とコンシューマー版の両方が収録されています。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:09Comments(0)

2021年12月01日

レコゲー2021 12月①

12月、いよいよ今年も残り1ヶ月になりました。
年末商戦がスタートということになるのですけど、正直あまり盛り上がっている感が少ない。かくいうゲーム業界では、肝心のハードの本体が、新型コロナウイルスの影響で半導体不足に陥り、製造が間に合わないという事態になっています。ただ、ソフトに関しては製造に滞りは無さそうなので、既存のパイで上手く打っていくというふうになるのでしょう。
それを踏まえて見ていきましょうか。今回も最初はマルチ展開の商品の紹介からです。


最初は、「ロードス島戦記-ディードリット・イン・ワンダーラビリンス-」(PS5PS4Nintendo Switch)(★)
2020年にPC(Steam)で配信された同作品の移植版。コンシューマー版は完全版として登場するものと思われます。
2D探索アクションとしての作風はそのままに、8言語追加されています。「ロードス島戦記 誓約の宝冠」に至るまでの空白期間を埋める作品とされているものの、原作を知らない人にも良質なアクションゲームとして楽しめるように配慮されているそうです。

2本目は、「真・三國無双8 Empires」(PS5PS4Nintendo Switch)(★)
シリーズ最新作で、今作は攻城戦がメインになっています。8のキャラクターも全て登場し、内政の自由度の高さは今回も健在です。

3本目は、Halo Infinite」(XBOX Series X/S・XBOX ONE)(★)
シリーズ6作目で、無料でマルチプレイが可能になっているのが特徴です。ゲームモードはアリーナとビッグチームバトルという武器・車両・装備を組み合わせて多様な戦闘シーンを楽しめるモードがあります。


次回もマルチ展開の作品になります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2021年11月03日

レコゲー2021 11月③

レコゲー、今回はNintendo Switchの注目作の紹介です。


最初は、ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンドポケットモンスター シャイニングパール(共に★)
2006年にニンテンドーDSで発売した「ポケットモンスター ダイヤモンド」・「ポケットモンスター パール」の移植版。
移植に際し、主人公の要旨を変更できるようになりました。またブティック(着せ替え機能)が追加され、ゲームコーナーはブティックに変更されています。さらに野生のポケモンの力を借りてポケッチ(ポケモンウォッチ)経由で「ひでんわざ」を繰り出すことが可能です。なお、Nintendo Switch Onlineを利用してポケモン交換も可能です。
今作も以前の作品と同じく、ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパールのダブルパックが発売されるので、両方楽しみたい方は、こちらがオススメです。
この作品は移植作(リメイク)ではあるものの、2022年発売予定の「Pokémon LEGENDS アルセウス」に繋がる物語(この作品は過去のシンオウ地方が舞台)になっているので、どのような変化があったのかを知る上で重要になってくるのかなと。

2番目は、パワプロクンポケットR(★)
2004年にGBAで発売した「パワプロクンポケット1・2」の移植版。この「パワプロクンポケット1・2」も1999年にGBで発売した「パワプロクンポケット」と2000年にGBで発売した「パワプロクンポケット2」の移植だったりします。なお、シリーズそのものは10年ぶりの復活になります。
移植に際し、今作では「eBASEBALLパワフルプロ野球2020」から選手データの引き継ぎが可能になっています。恐らく選手データも最新ないしは2020年までのものになっていると思われます。

3番目は、真・女神転生Ⅴ(★)
シリーズ最新作で、5年ぶりに発売となりました。
異世界に迷い込んだ主人公が、そこで未来を賭けた戦いに巻き込まれるというもので、主にコマンド制のプレスターンバトルになっています。相手の弱点を突けば一気呵成に攻めることができるものの、逆に突かれれば一気に窮地に陥るというスリリングなものになっています。新しいスキルもあるようです。もちろん、仲魔との会話・合体も健在です。

最後は、ジャストダンス2022(★)
欧米では人気のリズムアクションゲーム。日本では7作目にあたります。
ダンス部分は世界的に有名な歌手・ダンサー・振り付け師のトドリック・ホールさんが監修しています。また収録曲も世界的に有名な曲の中に星野源さんの♪恋が収録されることになりました(日本版とフランス版のみの収録らしい)。なお、サブスクリプションサービスの「Just Dance Unlimited」にも対応しています。


次回はPCの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:42Comments(0)

2021年11月01日

レコゲー2021 11月①

11月になりました。今年も残すところあと2ヶ月。あっという間に年末商戦に差し掛かります。今年もコロナ禍の中での年末商戦ということで、巣ごもり需要もあって店頭よりもオンライン上で盛り上がりそうですが、いい作品を揃えなければ意味のない話で。今月は年末商戦の候補となる作品が出てくるのでしょうか。


では、見ていきましょう。最初はマルチ展開の作品から。
今回は、PC作品からの移植の2作品だけになりましたので、サクッと見ていきましょう。


①フユキス(PS4Nintendo Switch)(★)
今年の7月にPCで発売された同作品の移植。いわゆるイチャラブコミュニケーションという昨今流行りのジャンルの作品になります。
移植に際しての変更点は、アダルト要素の削除以外は無いので、原作とほぼそのまま楽しめるようになっていると考えていいでしょう。

②パルフェリメイク(PS4Nintendo Switch)(★)
今年の3月にPCで発売された同作品の移植。この作品は、2005年にPCで発売(コンシューマー版は2006年に発売)された「パルフェ」をベースにしています。
この作品も異色の際の追加要素は無いので、ほぼ原作と同じものが楽しめます。しかし、今年出た作品が、もう移植というのは、以前なら考えられないくらい早いものになっていますね。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:14Comments(0)

2021年10月04日

レコゲー2021 10月④

レコゲー、今回はNintendo Switchの作品紹介です。


最初は、マリオパーティ スーパースターズ(★)
マリオパーティシリーズ最新作で、Nintendo Switchでは2作目にあたります。
初代マリオパーティ(ニンテンドウ64から発売したもの)からリメイクされた5つのマップと過去作品(初代~10)からピックアップされた100のミニゲームが収録される、オムニバス的な作品でもあります。またオンライン対応となっており、一人でもランダムマッチで対戦可能になっているだけでなく、友達同士のプレイにも対応しています。自己紹介カードの交換や対戦中のスタンプでのコミュニケーションができる他、友達とのプレイ中なら途中セーブにも対応しています。なお、ミニゲームだけを楽しめるモードもあり、そちらも一部オンライン対戦可能になっています。

2番目は、メトロイド ドレッド(★)
未踏の惑星を舞台に、その地下施設での探索を行っているサムス・アランの冒険譚を描いたアクションゲームです。
複雑に入り組んだ施設は、パワーアップすることで進むことができるようになっているので、ある意味RPGのような成長要素も絡んできますアクションでは、お馴染みの丸まり(モーフボール)や二弾ジャンプ(スピンブースト)の他、助走を付けて敵や障害物を蹴散らすスピードブースター、壁伝いを登るスパイダーマグネット、新アクションになるスライディングが行えます。さらに特殊エネルギーを使ったアビリティもあるものの、全回復するまで再度使えない仕組みのため、使いどころを選ぶ一発勝負なものも登場します。
なお、道の施設の探索ということも主題にあるため、恐怖を全面的に押し出している側面もあり、特に先行調査に入ったロボットが、サスムの前に立ちはだかる場面が登場するとのこと。このロボットのいる区間では、一刻も早くサムスは抜け出さないといけないため、素早い判断が必要となります。ただ、通常兵器は通じないものの、区間内のマザーコンピューターのエネルギーを取り込めば、倒せない敵ではないとのことなので、状況によっては倒すことも有効な手段になりそうです。
様々な謎と真実が明らかになることから、今シリーズの中でも重要な部分を占めそうな作品になりそうです。

3番目は、地球防衛軍3 for Nintendo Switch(★)
2006年にXBOX360で発売した「地球防衛軍3」の移植版。後に2012年にPSPに移植されています。これまでシンプル2000シリーズの中で展開していた地球防衛軍シリーズが初めてフルプライス作品として展開された記念すべきものになっています。
移植に際し、XBOX360版とPSP版全ミッションが搭載されています。それ以外は基本的にXBOX360版やPSP版の要素を取り込んでいる模様です。

最後は、ときめきメモリアル Girl's Side 4th Heart(★)
女子向けのときめきメモリアルとして作られたシリーズの第4弾。実に11年ぶりの新作になります。
海と山に囲まれた街にある学園を舞台に繰り広げられる恋愛アドベンチャーで、自分の部屋でスケジュールを立て、勉学・バイト・部活に奔走するというふうになります。
今作では、ヒーローとの距離感が一目でわかるようになっており、その距離感によっては何人かで同時に起こるようなイベントもあるようです。もちろん1人との密接な関係も作ることができます。そして、主人公のプロフィール帳が用意されており、ヒーローとの関係もわかるように。さらに最大4人のミニゲームも楽しめたりと、単純な恋愛アドベンチャーとは一線を画しているようにも感じられますね。なお、Live2Dのリアルなグラフィックも見ものになっています。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:11Comments(0)

2021年10月02日

レコゲー2021 10月②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品の紹介です。


4本目は、「こちら、母なる星より」(PS4Nintendo Switch)(★)
2019年に発売された「じんるいのみなさまへ」の事実上の続編といっていい作品です。
今作では池袋を舞台にしてのサバイバル生活となりますが、3組の間に繰り広げられるコミュニケーションも重要なものになってくると思われます。百合好きな人には面白い作品になりそうです。

5本目は、「フルキスSS」(PS4Nintendo Switch)(★)
2019年に発売した「フルキス」と今回新発売になる「フルキスS」とのセット。「フルキスS」単品はダウンロード販売のみになります。どちらも元々はPC作品からの移植になります。
移植に際しての変更点は、アダルト要素の削除くらいでしょうが、クラスメイトから始まる恋物語というコンセプトは、コンシューマー版になっても色あせないと思います。前作を勝っていない人なら、今回のセットがオススメでしょう。

最後は、「究極タイガーヘリ」(PS4Nintendo Switch)(★)
1985年にアーケードで稼働した「タイガーヘリ」と1987年に同じく稼働した「究極タイガー」が収録されたオムニバス作品。さらに今作には、1986年にアーケードで稼働した「ゲットスター」も収録されております(今回の収録がコンシューマー初展開になる)。
「究極タイガー」はアーケード版の他、ファミコン版・PCエンジン版・メガドライブ版も収録。また幻と言われる2Pプレイ版も収録されています。なお、海外版も2Pプレイ版以外は全て収録しております。
「タイガーヘリ」もアーケード版の他、ファミコン版と海外版であるNES(Nintendo Entertainment System)版が収録されています。
「ゲットスター」もアーケード版の他、海外版が収録されています。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2021年10月01日

レコゲー2021 10月①

10月になりました。今年も残すところ2ヶ月を切ろうとしています。去年に続きコロナ禍で迎えた2021年も終盤に差し掛かってきました。本格的な秋を迎えることにもなり、今は暑い時期とはいえ、日々寒くなっていくことでしょう。
そして、東京ゲームショウが先月末から今月3日に掛けて開催されます。今年は一般客はオンライン、ビジネスデーは幕張メッセでの開催といびつなものになりましたけど、通常開催への一歩を踏み出したのではないかなと思います。また、ここからサプライズも出てくるでしょうから、楽しみですね。


では、見ていきましょう。今回もマルチ展開の作品から紹介していきます。


最初は、「スーパーロボット大戦30」(PS4Nintendo Switch)(★)
人気シミュレーションの最新作で、シリーズ30周年記念作品になります。
今回の新規参入は、「勇者警察ジェイデッカー」・「ナイツ&マジック」など4作品。ここ最近放送されたアニメ作品も登場しているので、若年層へのアピールもバッチリといったところでしょうか。
新システムとしては、複数存在する戦域をセレクトできるタクティカル・エリア・セレクトがあり、やり込みという面と多角的にストーリーを捉えるのにいいだけでなく、欲しいキャラを早く手に入れられるメリットもあります。また分岐とは違い、自由度も上がっているように感じます。なお、オートバトルがコンシューマー版では初めて搭載されます(これまでスマホゲーム向けでは搭載されていた)。

2番目は、「ドキドキ文芸部プラス!」(PS5PS4Nintendo Switch)(★)
2017年にPCで発売された「ドキドキ文芸部!」のリマスター版。1000万ダウンロードの実績がある作品で、その高い完成度に狂喜するプレイヤーが続出し、「2010年代のにおける100のベストゲーム」にも選出されたものの、日本での発売は今回が初となります(日本語版は有志における翻訳のみだった)。海外のクリエイターが手掛けた、海外発のビジュアルノベル作品なのです。
リマスターに際し、ハイデフ化された以外にも日本語を含めた12の言語にローカライズを果たしています。また新規シナリオも書き下ろされているそうです。

3番目は、「零 ~濡鴉ノ巫女~」(PS4Nintendo Switch)(★)
2014年にWii Uで発売した同作品の移植版。シリーズ6作品目(通算では9作品目)にあたります。
移植に際し、コスチュームの追加の他、キャラや霊を配置・ポーズを指定して撮影できるフォトモードが追加されています。なお、今回はコーエーテクモゲームスでの発売になります(Wii U版では任天堂での発売だった)。


次回もマルチ展開の作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:25Comments(0)