2017年04月02日

FC岐阜観戦記2017 アウェイ編 その3 FC岐阜にサクラサク

FC岐阜、昨日(4/1)は町田市立陸上競技場(野津田競技場)でFC町田ゼルビアとの一戦を迎えました。
岐阜はここまで来て2分3敗、勝ち点2の状態で20位昨年と比較したら変わんねーじゃねーかと口の悪い人なら言うでしょう。しかしプレイスタイルが全く変わり、負けた試合でも全くもってダメという試合が現状一つもない(細かいレベルでのダメはあっても)仕方ないねというレベルで進んでいることが現状唯一の救いでもあります。ただ2月・3月に1勝もできないと焦ってしまうもの。その焦りをどう抑え込んで向かうかがポイントになってくるでしょう。
そして何より、田代雅也選手の契約解除が響かなければいいのですが。やったことは悪い。でもそれで選手達が委縮しないように願っております。


この日は、朝早くに着いたものの、築地でゆっくりしすぎて、出たのが11時過ぎ(爆)。そこから町田って思った以上に時間が掛かるのね。着いたのは正午過ぎでした。


SHV32_0585それなら、今回はシャトルバスで来られるじゃん
・・・アウェイの町田戦に行く時にシャトルバスを使うなんて邪道よ!男は黙って野津田登山!
というわけで、今回は写真に収めておりませんが、ちゃーんと野津田車庫行きに乗って、その後『登山』して参りました岐阜の勝利を祈願するためには、我々も苦労しなければ。そういった思いでやって参りました。



SHV32_0586こちら、野津田競技場名物、壁打ちテニス(笑)。早い話がスカッシュだよね(硬球を使っているので、ちょっと違うが)。



SHV32_0588そして、こちらは毎度おなじみのYASSカレーの掲示板
・・・ギッフンはともかく、ゼットンなんてウルトラマンが勝てなかった怪物じゃないですかー。アカン、勝つ気満々や!
それもそのはず、町田は通算成績で2勝1敗1分と勝ち越しているんですね。去年はここでは引き分けているだけに、そう強気でいられるんですね。



この日は、小雨交じりの観戦には少々厳しいものとなりました。それでも皆は気持ちを切らさずに応援できたのだと思います。観客数も去年のゴールデンウィークにやった時より多く感じられたのは気のせいか?
ちなみに、この日の観客動員数は2,819人。すいませんねぇ、鶴川駅とかで呼びかけてもらったにもかかわらず雨とかもあるんでしょうけど、うちは客が(以下略)。今期最低の観客動員数にならなければいいのですが・・・。


SHV32_0591まぁ、そんなことは置いておいて、試合はというと、序盤は少し町田に押され気味だったものの、徐々に岐阜がペースアップ雨というコンディションにもかかわらず、パス回しに終始するこれまで通りのスタイルを貫き、そこにロングパスを織り込むという柔軟性も見せ、町田を翻弄し始めました。
そして後半、前半よりも岐阜の攻撃の形が見え始め、遂にその思いが結実します
後半26(71)分、古橋享吾選手のクロスボールに難波宏明選手のヘッドで合わせた球が、ゴールポストに吸い込まれ、これが決勝点に。その後危ない展開もあったものの、シシーニョ選手の献身的なプレーとビクトル選手の神セーブもあり、0-1で逃げ切りました



SHV32_0592試合終了後には、難波選手登場。勝って魅せるサッカーをやっていくと吠えていました。
今日見せた泥臭いゴール。そして、困った時の難波、何かあった時の難波、健在ですな。
大木武監督初勝利の立役者という新しい伝説を岐阜に残した難波選手昨年最終節の4点のうちの2得点も彼でした。そして「味スタの悲劇」にも難波選手がハットトリックを取ったことが始まりという点で外せません
ここ数年は、スランプや世代交代というのもあってか、控えでくすぶっている時期が多かったですね。でも、そこで難波選手は腐らずチームに貢献してくれましたまだまだ彼を必要としている場面が来ると思います。その時に最高のポテンシャルを発揮できれば、久しぶりの2ケタ得点も夢じゃないと思いますよ。
最後に、この日の試合は、田中パウロ淳一(後半16(61)分に途中出場)・ヘニキ・風間宏矢の3選手が控えに回った中、ヘニキ選手を控えに回すなら、クリスチャン選手を上げてもよかったんじゃないのとか思ってすいませんでした



やっと初勝利。シシーニョ選手の時に驚かされるプレーに酔いしれ、ビクトル選手のファインセーブ連発に驚愕した、すごい試合に立ち合ったものです。福村貴幸・大本祐槻両選手のプレーも地味ながらしっかりしたものになっています。個々の選手が何をすべきかわかっている今なら、負けることはないでしょうし、負けても失速することはないでしょう。

この次は久しぶりにホームに帰って来ます。相手は水戸ホーリーホック、そうです、「アニ×サカ」ですよ。
名古屋グランパス戦を見た時にはパスが上手く繋がらないのがポイントになるのではないかなと。ボール保持をきちんとし、相手に回さない、相手に回ってもすぐにカットできれば、勝てると思います。水戸戦を弾みにして、満開へ近づけましょう!


サクラサク
♪サクラサク



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2016年05月10日

FC岐阜観戦記2016 アウェイ編 おまけ YASSカレー&ゼルビア×キッチンへ行ってきたよ

SHV32_2441アウェイでの楽しみ、その一つがスタグル。今回もいろいろと行ってきました。


最初は、町田名物のYASSカレー。来て早々、長い列ができておりました。



SHV32_2442こちらは最後尾の人が持つことのできる最後尾を示す看板。ギターの格好しておりますわ。
これに代表される通り、YASSカレーはエンタメ性あふれるお店になっています。いつも来るお客さんに飽きさせないこのもてなしは素晴らしい。



SHV32_2444今日のメニュー案内。
・・・さりげなくゼルビー(町田ゼルビアのマスコットキャラ)を使って、うちをディスってるね(ニヤニヤ)!そのネタを使えるのはマサオくんだけ(ギャハ)!



SHV32_2448というわけで、買って参りましたYASSカレー(日替わりのハンバーグカレーに角煮を乗せたもの)



カレーは小麦粉を使っていないのに、まろやかでコク深い。一緒に乗っているハンバーグも角煮もジューシーで、特に角煮はとろけるような味わい。これは美味いべ。


SHV32_2449そして、熊本地震の寄付も兼ねたガラポンで当たったのでもらえた王将椎茸の「王将の杜 塩ふきしいたけ」こちらのメーカーは、熊本地震で被災した大分県臼杵市にあるのね。



SHV32_2451こちらは別のところで売っていたラザニア。イタリア人の方が作っている本格的なもの。
恐らく、スタジアムでラザニアが頂けるのは珍しい部類のはず。



こちらはミートソースが濃厚で、肉の旨味も十二分に伝わって来ます


SHV32_2458こちらは、この日の試合に出店していたスワン町田店の移動販売車。いわゆる萌車になっておりますわ。
スワンというのは、スワンベーカリーという主に関東圏で展開されているパン屋です。



SHV32_2459そして試合帰りには、早い晩ご飯も兼ねて、かねてから行きたかった「ゼルビア×キッチン」にも行って参りました
こちらは町田が運営している食堂で、いわゆる「ザめしや」のようなビュッフェスタイルの店です。和洋中が揃っているばかりでなく、地元の食材にこだわった、地産地消型を目指しており、かつサッカー選手が食べている食事ということで、カロリー表示など1日の食事で何が必要なのかを一目でわかるようにされています



SHV32_2462このお店の最寄りのバス停は、綾部入口(鶴川駅からだと15分くらい)というところなのですが、帰り(野津田車庫方面)に向かう場合、この袋橋で降りてもすぐです。こちらは、丁度自由民権資料館のすぐ前(というより、「ゼルビア×キッチン」自体が、自由民権資料館の隣(笑))にあります。
・・・と書いていますが、この隣になる綾部入口との距離が100mくらいしかないのよね(苦笑)。



SHV32_2461で、今回選んだのがこちら。左上から高野豆腐、モツ煮、ご飯(雑穀米)、味噌汁、カキフライ。ホントはカレーとも思ったのですが、YASSカレー食った後なので、さすがに・・・(汗)。
これで771kcalだそうな。おお、思った以上に少なかった(苦笑)。
なお、ご飯に関してはお会計の後に頂くシステムになっているので、注意が必要です。



味は総じて薄めになっております。Jリーグの選手も食べている食事がベースとのことなのかもしれないですね。ただ、薄味だからゆえか、何種類食べても飽きの来ない仕上がりになっているとも言えるでしょう。さすがにカレーとかは味は濃いと思いますがね(ニヤニヤ)。
やはり、たくさん食べるには味は濃過ぎてもいけないわけで。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:14Comments(0)TrackBack(0)