2020年10月01日

秋の新アニメ2020 その1 魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸

いよいよ今年最後のアニメになる秋アニメがスタートしました。新型コロナウイルスの影響で夏からの延期もあれば、今期放送予定だったものが来年に延期になったりと様々ですけど、今季最後の最後でドドーンと大放出となりました(苦笑)。今期だけで恐らく過去最高の視聴数になりそうです。今までは21本が最高だったんですけど、もしかしたら23本くらいになるのかなぁ・・・。いい作品が多ければいいのですけど、アカン作品が満載だったらどうしよう・・・(汗)。


というわけで、今回は9/25にスタートしているのですけど、この作品から。YouTube上で配信中の「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」の後半戦です。全9話構成の残り5話部分になります。


あらすじは続きモノなので無し。突如現れた敵に龍神丸を破壊されたワタルは龍神丸と逆さ創界山の世界を救うため悪い奴らを成敗し、いよいよ第5階層まで向かったところから始まります。


・・・え、いきなり牢獄に放り込まれての超展開になってるんだけど、第5階層ってどこまで行ってんねんとツッコみたくなりましたが、どうも第3・第4階層の話はビジュアルストーリーというホビージャパンから出ている月刊ホビージャパンで掲載されている連載で話されているのね。それはそれで読んでいない人が付いて行けないなぁと残念ではあるのですけど、やってる作品は、昔のワタルと変わらない雰囲気なので、まぁ懐かしい・・・って前も書いたか(爆)。
そう言いたくなるくらい、昔のワタルを知っている世代は、それだけで見入ってしまうのよ。もうおっさんホイホイでの評価しかしてないじゃんと言われても、「そうですね!」としか返さない(ニヤニヤ)!ましてや高橋由美子さんの♪Fightだなんて、デキ過ぎです!

作品の内容としては、途中部分が映像化されていないので、繋がりはぶった切られているため、その部分を読んでいないと困り物ですけど、そんなこと気にしないおっさんホイホイは、もうあの時のキャストと内容だけで感涙しているから、きちんと評価できませんということで(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)

2020年04月17日

春の新アニメ2020 その17 魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸

春の新アニメ2020、最後となる17回目は1989年からシリーズ展開されている「魔神英雄伝ワタル」の最新作になる「魔神英雄伝ワタル 七魂の龍神丸」です。
ワタルシリーズは、1作目と2作目がテレビアニメとして日本テレビ系列で放送され、3作目・4作目・外伝もあるのですが、こちらは当時流行ったラジメーション(ラジオアニメ、いわゆるドラマCD)として文化放送とラジオ大阪で放送されました。最近ではOVAで展開もされています。今回久しぶりの展開になったのですけど、何と動画配信YouTubeの「BANDAI SPIRITS 公式チャンネル」で展開されます。ちなみに、過去の作品も配信されるとのことなので、見て見たいと思ったら是非とも。


あらすじは続きモノなので無し。異世界を救った主人公がまたまた召喚され、悪の魔王を倒そうとするものの、押し切られる格好になるところから始まります。


見ていて思ったのは、オープニングからあの曲か!♪stepで来るとは思わなんだわ。しかも当時とほぼ同じ歌詞。映像もほぼ同じ。エンディングも同じなので、ここまでおっさんホイホイな展開はなかったわ(笑)。
作品の内容も1作目と同じくアツい展開。その中で当時と同じキャストが演じているんですよ。もうその点だけですごいとしか言いようがない。ある種の恐ろしささえ感じるんですよ。

私のように、この作品を知っている人ならこのパッションあふれるのがいいんでしょうけど、知らない世代の人間が、この作品を見たらどう思うのかなと。評価が分かれるのでしょうなぁ・・・。


この作品は隔週で配信になるとのことなので、次までの間隔が長いんですけど、この熱量を維持して進んでほしいなと思います。


あと、シバラク先生はスマホなんだろうか(笑)。ワタルがスマートウォッチなのには驚いたねぇ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

2020年02月29日

動画公開しました(2020年2月29日)


日本最後の行商専用列車になる鮮魚列車の様子を撮影してきました。3/13の最終日に撮れるかわからなかったので。

10:13頃から、鮮魚列車についての解説をしております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 07:23Comments(0)

2020年02月16日

動画公開しました(2020年2月16日)


先日、民放が同時配信を決めました。そこで、民放のネットワークって何なのかを紹介していきます。

初回はJNN(TBS系列)を紹介しています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 11:14Comments(0)

2020年02月08日

動画公開しました(2020年2月8日)




先日「名鉄 エヴァンゲリオン ジオラマスタンプラリーに行ってきた」という記事(前編中編後編を挙げましたけど、その関連動画を挙げました。スタンプを効率よく集めるための動画・・・だったはずなのだが(爆)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 06:20Comments(0)

2020年01月13日

動画配信始めます

というわけで、いきなりですが、動画配信を始めます
簡単に言えば、このサイトをもっと見てほしいという意味合いで始めるので、あくまでブログの補完です。言葉で説明し辛いところとか、動画の方が面白くなるんじゃないんかなと思うところとか、ブログでできないこととかをその中でやっていこうかなと思います。
そのためブログとは違い、不定期配信になります。原則週末ですが、状況によっては平日に更新ということもあるかもしれません。


というわけで、よろしければ「動画で見るGame Compny」もご覧下さい。

アドレスは、https://youtu.be/lDHLNEM3LXg(自己紹介動画)になります。ここからチャンネルをたどって下さい(苦笑)。<わかっていないらしい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)

2019年06月07日

きっついなぁ・・・(汗)

クソゲーをプレーしている方々ならわかると思いますけど、基本的にプレーには忍耐がいる理不尽な事象が多過ぎるため、時にはブチ切れたくなることもある。それを堪えなければ、クリアなんてできない。ましてや動画配信なんてもっての外(ほか)。ゆえに、クソゲー動画を上げている人は尊敬したい
そこに解説が絶妙であれば、なおのこと誉めたい。今回はそんなクソゲー動画をアップしようっと。決してネタ切れじゃないんだからね(ギャハ)!



こちら、Hakuという方のYouTube投稿動画で、「レトロクソゲー調査隊」というシリーズ一般の人がプレーして、クソゲーか否かを判断するのが基本主旨なのですけど、どう考えたってクソゲーだ(爆)。
ちなみに、この方はSteamでアップされているクソゲーを洗い出してプレーするということをメインしているようです。
で、記念すべき第1回の「ソード・オブ・ソダン」の検証動画を挙げておきます。メガドライブミニに収録してほしかったけど、どう考えたってあのシーンでNG・・・だと思いたい(ギャハ)。
何しろ的確な解説とウィットに富んだ表現が、自動音声(ゆっくり)でありながらも気にならない。しかも何回もトライ&エラーを繰り返してクリアしているのだから、素晴らしい。きちんと編集までしているのだからなおのこと。

ちなみに、トランスフォーマー コンボイの謎」など有名どころも抑えておりますが、ストリップ・ファイターⅡ」といったハッカーモノも抑えているので、見応えもあります。


クソゲー好きな人もそうでない人も、昔のゲームってこんなんだったんだという見識を広げるという意味でもいいかなと思います。たぶん(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2017年05月31日

Google「そんな名前の作品、知らない!」

Googleが展開しているサービスの一つとして、投稿動画サイトの「YouTube」があります。その「YouTube」の子供向け閲覧アプリ「YouTube Kids」が日本でもリリースされました。

このアプリ、その名の通り子供向けのもので、子供に見せたい動画・子供に見せたくない動画をフィルタリングしてくれるわけです。このフィルタリングは親(保護者)が掛けることもできるので、見せたくない動画がすり抜けていても大丈夫になっています
一口に『子供向け』といっても、様々なフィルタリングができ、全ての子供が閲覧できるレベルから、学童(小学生)向け、未就学児(代替幼稚園・保育園まで)向けなど細やかな設定も可能です。

カテゴリーは、アニメ・ドラマ、おんがく、まなぶ、はっけんの4種類子供が探しやすいようにシンプルな構成に。もちろん動画検索もできます
この動画検索が結構曲者らしく、子供向けアプリということもあり、ものすごく厳重なフィルタリングを掛けられているのだそうです。IT系ニュース・エンタメサイトの「ねとらぼ」がそれを試しており、「エロマンガ先生」という作品を打ち込むと、作品そのものがなかったことにされている(「ほかのことをさがしてみよう。」と表示される)ほど。また現在TOKYO MX(東京メトロポリタンテレビジョン)で再放送中で、9話の再放送がアダルトな内容により差し替えられた「この素晴らしい世界に祝福を!」という作品を打ち込むと、出てくるのは作品のオープニングとエンディングの音楽関連の動画ばかりしか出てこない有様。この様子で行けば、グラビアアイドルの動画なんてのは、バッサリ切られる対象なんでしょうなぁ。もっとも、子供がグラビアアイドルの名前を知っていたら怖いですけど(苦笑)。


なお、タイマー機能が設定されていたり、動画検索そのものをできなくすることも可能なので、先述の親がフィルタリング掛けできるのと合わせて、かなりクリーンな絵しか見られなくなっています。それはそれでどうなのというふうにも思いますが、子供に変なものを見せてはいけないという親心もよくわかります。でも正直難しいんだよね、その線引きって。子供の(心の)成長度合いによるところもあるので。
それでも、世界で28ヶ国に普及しているところを見ると、同じように悩んでいる親は多いということですね。いい方向に普及することを願っております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:02Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月06日

森永の非公式ハウツー動画、酷過ぎるが的は射抜いてる(爆)

8/14~8/16まで行われるコミックマーケット88で初参加することになった森永製菓。お菓子でも売るのかなと思ったら、「ウィダー in ゼリー」(以下ウィダー)でしたか(笑)。そういえば、ウィダーは森永製菓が販売していたんですね。

その森永製菓が非公式と称して製作されたコミケのマナーを紹介する動画をYouTube上にアップしました。その本編は下記参照。





正味約4分半の動画には、ある外国人の参加者が東京ビックサイト(とはいうものの、何で砂漠のような大地なんだよ(ギャハ)!)にやって来て、会場内の様子を見て驚愕する(冒頭で白骨遺体登場はやり過ぎだろう(笑)!)のですけど、ビックサイトの特殊なあの形がすごく恐ろしく仕事する(走って来る参加者に対してレーザービームを威嚇発射したり、ローアングルでコスプレイヤーの写真を撮ろうとした参加者に問答無用にレーザービームを浴びせたり)あたりなんか、ホントにそうなんじゃないかと見紛うほど。<映像上の演出です。
しかしながら、会場内の猛暑・ゾンビのように手を挙げて足を引きずりながら歩く姿・最後尾の人から「最後尾」の看板を受け渡した時の最後尾だった人の何とも言えない笑顔(ニヤニヤ)なんかは随分「あるある」とうなづいてしまうほどでしたよ。


ちなみに、ウィダーをコミケ会場(企業ブース)で販売するそうです。先着で特典も付くとのことなので、補給がてら行ってもいいかもしれません。ただ、ウィダー爆弾なる所作をする不届き者もいるので、買ったウィダーで人に迷惑は掛けるなよ!


森永製菓 ウイダーinゼリー 4種類セット 合計30個
森永製菓 ウイダーinゼリー 4種類セット 合計30個



コミックマーケット 88 カタログ
コミックマーケット 88 カタログ



コミックマーケット 88 DVD-ROM カタログ
コミックマーケット 88 DVD-ROM カタログ



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(2)TrackBack(0)