2020年10月11日

FC岐阜観戦記2020 第9節 いかんとも言い難い試合

FC岐阜、今日は鹿児島ユナイテッドFCとの試合になりました。
先日行われたFC今治戦では、2-0からの大逆転で4連勝。負け無しの5連勝は今まで達成したことが無いのですけど、今回それを賭けて鹿児島との一戦を挑みます。
前回はアウェイで0-4と快勝で終わった試合。高崎寛之選手のハットトリックが飛び出した試合でもあるのですが、今回はさすがにそんな上手くはいかないでしょう。1点を争うゲームになるのではないかと思い、長良川にやって来た。


SHV47_0453この試合から、かさなるステージの会場が隅の方に追いやられた(爆)。何やら『大人の事情』と称しておりましたけど、要はお客さんが増えてくるので、密にならないように広く取れるスペースが欲しかった・・・ということなんでしょうね。
写真ではわかりませんけど、見開けたステージになったそうなので、景色はいいとのこと。



SHV47_0457そんな中で、ミナモがアロハシャツを着て参上
今度イベントがあるから、この格好らしい。



SHV47_0454この試合から、規制が緩和され、岐阜ではステップ2-1が採用されました。
アウェイ席は設けられなかったものの、最大50%まで収容可能になるとのことなので、15,000人収容の長良川競技場は7,500人ほどまで収容可能になるわけです(この日の来場者数は3,854人)
自分の前後左右に1mの間隔を設ければ、どこでも座っていいふうになったので、いつもの席に戻って来れました
いつ以来だろう、この席から見るのは・・・。まだ全てが戻ってきたわけではないけど、少しずつ日常に戻ってきた感じが伝わってきました。

なお、この試合では、いつもそばの席で見ていた少年と屋台村で再会できました。
今年で中学生になったのは知っていたのですけど、コロナ禍で大変だったと思います。まだ大変だと思うけど、いい中学生活を送ってほしいと思います。まだバック席で見ているそうですけど、来年くらいには戻れるといいね。



SHV47_0455その屋台村、大垣共立銀行が大判焼きを焼いていた
左の焼き印の薄いのがあんこ、右の焼き印が濃いのがカスタードクリーム・・・ってわかるか(爆)!



味はオーソドックスなので、普通に美味しかったです。しかし銀行が大判焼きやらかき氷やら売るなんて、大変ですなぁ・・・。<経営危機とかそんなんで売ってるんじゃないから!


SHV47_0456もう一つ、873°(hanasand(ハナサンド))から、「チョコバナナフルーツサンド」と大垣市のサンクスマッチということで、「おおがき茶」も買ってきた
「おおがき茶」は、上石津町の茶葉を使用したものです。



「チョコバナナフルーツサンド」は、チョコとバナナの濃厚さをホイップクリームが優しく包んでくれて、クドさを感じさせませんでした
ちなみに、この日の873°は全て売り切れだったよ。1day出店だけど、完売が続くってことは、需要はあると思うんだけど、もしかして売れ残りを恐れて数を絞っちゃって無いわね?


さて試合ですが、やはり想像通り、1点を争うものになりました。
前半から岐阜の動きが重た目。鹿児島が結構対策を練っていて、4-1-4-1のフォーメーション対策をしっかりやってたんでしょうね。もちろん選手対策も練っていたのではと思いたいくらいぴったりマークもできていた
何より、岐阜の選手は疲れている感じだった。一生懸命やっていたのでしょうが、ギアは上がってない。パスや敵へのチェックが上手く機能していないんですよ。そんな中で鹿児島は勝つために危険な行為お構いなしのプレーや遅延行為に思われてもおかしくないプレーも垣間見えました全ては主審が取ってくれないんですよ・・・。それどころか、鹿児島の選手に対して岐阜の選手の何でもないプレーには厳しくとられましたね。明らかに鹿児島の選手が悪いプレーでも岐阜の選手に対してファウルを取るなど、台風一過が招いた暑さで頭がやられたんじゃないかと怒り狂いそうなジャッジ満載でした。J3はジャッジがいい加減どころか酷いと言われていたのですけど、この試合でまざまざと感じました・・・(汗)。

後半になると、鹿児島のプレーは増々荒くなり、それでも審判は見逃してばかり岐阜に対しては相変わらず厳しいままで、プレーによっては鹿児島が悪いのに岐阜の選手にカードが出る始末。まぁやってられんわとばかりに、プレーにも狂いが出てきました。
そんな中で後半14(59)分に鹿児島の選手が決めてしまい、その後の岐阜のプレーには緩慢さが酷くなり、シュートに持ち込むべきなのに持ち込めず、敵に与えてしまう。一方で鹿児島は何でもないプレーで痛がって倒れ、時間を無駄に削る。それでも審判は見てくれない。それどころか、遅延行為を推奨する行為までしてた。
あまつさえアディショナルタイムが3分なのにも驚いた。飲水タイムの数分+αしか見てくれていないのだ。何だよ、ウチらのファウルだけ取るだけ取って、鹿児島にはお咎めなしかよ!やってられんわ!


・・・というふうで、0-1の結果の写真を取り忘れたわけではなく、まさかの暑さによる熱暴走でスマホの温度が上がってしまい、カメラが起動しなかったんですわ(泣)。試合が終わる前からきちんと出しているのに、今回のような事態ですっかり忘れてたわ。あと、「FC岐阜応援きっぷ」の引き換えも忘れてたわ(大泣)。


今回の件は、J3ではよくあることなのでしょうけど、主審は説明してほしいね。どういった基準で見ていて、どうして鹿児島の行為には何も注意が無かったのか。あまりに鹿児島に忖度し過ぎなんじゃないのと疑われても仕方ない。声を出しちゃいけないのに、メインやゴール裏がざわついたのは、そういった理由です。コロナ禍じゃなければ、ブーイングの嵐でしょう。主審に対して罵声が飛んでも、何もおかしいと思わないでしょう。フロントは質問状を出してもいいよ。


まぁ、終わったことは仕方ない。次のブラウブリッツ秋田の代替戦に賭けるしかない。
今日、秋田はガンバ大阪U-23に最終盤逆転して勝っています。勢いの付いている秋田に勢いを止められた岐阜。難しい試合になるのでしょうけど、今は身も心もクリアにして、一からまた実績を積み上げ直すしかないでしょう。あとは、秋田の試合運びを徹底的に分析して、穴を探るしかないでしょう。

今日の試合で5位に落ちましたけど、秋田戦に勝てば、一気に3位にまでジャンプアップできるチャンスです。だからこそ、次の秋田戦は落とせない。落としてはいけない。
厳しい試合になるのは十分にわかっています。でも再びブーストを掛けるためにも、秋田戦と福島ユナイテッドFC戦、2試合のホームゲームが重要なのです。秋田戦で勝てば、次の福島戦で昇格圏内に飛び込めるかもしれない。飛び込んでしまえば、あとはしっかり戦っていけばいいだけ。できるから、できるから・・・。


残り14試合、自動昇格への勝ち点差は4。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 21:36Comments(0)

2019年11月16日

FC岐阜観戦記2019 最終節 終戦(おしまい)です

FC岐阜、ホーム最終戦はヴァンフォーレ甲府との一戦なりました。
今年はホームで行われたツエーゲン金沢戦以降最下位に転落。以降上がれるチャンスが何回もあったものの、敗戦ないしは引き分けに終わってそれを逸する展開を繰り返していました
そしてやって来たこの試合、この試合で勝たなければお話にならないたとえ勝っても、同時刻で開催されるV・ファーレン長崎×栃木SCの試合で栃木が勝ってしまうと、そこで終戦。いずれにしても崖っぷち、事実上J2最後の戦いと言っても過言ではない試合になりました。


SHV39_5924一方で甲府もJ1昇格に向けて負けられない戦いが続いており、何とかして昇格プレーオフに滑り込もうと心血を注いでいました。恐らく200人くらいは来ていたんじゃないかと。ものすごい盛り上がりになっていましたよ。



SHV39_5915今日は、FC岐阜応援きっぷで来たため、名鉄でやって来たのですけど、JR岐阜駅側が何やら騒がしい
どうやら、バスターミナルのある北口駅前広場に丸窓電車が置かれることになったらしい。同広場設置10周年を記念してとのこと。

岐阜市には名鉄が岐阜市内線などの路面電車(通称市電)が敷かれていました。ところが、モータリゼーションとそれに伴う乗客数の減少により、2005年に廃線となりました。
その時代替手段として選ばれたのが、路線バス。そこで北口にあったJR岐阜駅の停車場をバスターミナルに改造したわけです。しかし、そのバスも元々市バスなど多彩な業者が乱立していたため、利益を圧迫しており、半ば投げ売りな格好で、後に名鉄バスの子会社になる岐阜バス(岐阜乗合自動車)に譲渡されます。
市電を残していたら、新しい観光名物として売り込みができたのだとは思うものの、激しい渋滞と乗客の安全はないがしろになっていたと思うと、それはそれで怖いしなぁ・・・。ただ、あれだけの人が来ていたとなると、ノスタルジー以外で望んでいたのではとも錯覚してしまいそう



SHV39_5918一方、岐阜市のメイン交通になったバスはというと、岐阜市内を循環する市内ループ線のラッピングバスもリニューアル
織田信長のイラストがアニメ調に変化。より親しみやすくなるようにとのことだそうです。徐々にこのバスに変わるんだって。



SHV39_5921さらにタクシーの日本タクシーがスタジアムに来ていました
いつものFC岐阜ロゴタクシーに加え、岐阜県の銘菓の一つ「鮎菓子」のタクシーも来場。年中頂けるのですが、特に鮎のシーズンになる夏場がメインです。



SHV39_5922今日の試合は、「刀使ノ巫女」のスピンオフ番組である「みにとじ」とのコラボマッチ
実は作中に登場する美濃関学園のある関市がアニメ聖地の一つとして選ばれたことで行われたんですね。
というわけで、武道館の手のひらサイズ版が登場作品とスマホアプリゲーム「刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火」の紹介も行われていました。



SHV39_5920今年でシーズン最後の試合だから、かねてから行ってみたかったお店に乗り込んだぞ。
それが、873゚(hanasand(ハナサンド))。今回は「いちごキウイホイップ」をチョイス。SKE48の好物をホイップクリームで挟んだのだそうな。



ホイップクリームが滅茶苦茶甘い。そこにいちごとキウイの酸味がマッチして、ものすごくとろけそうこんな試合が今年はほとんど無かったから、余計に美味く感じたよ(泣)。

なお、食い慣れないものを食らったため、メガネにホイップクリームが付く大惨事に見舞われる(ギャハ)。


SHV39_5925試合は、岐阜のイレブンも甲府のイレブンも生き残りを賭けて挑むということから、激しいという一言では片付けられない展開になっていました。死闘という言葉にふさわしいとも。
前半は甲府優勢ではあったものの、岐阜が最終防衛ラインを死守する格好になりました。一方で岐阜はセンターラインから先を越えることがなかなかできないわずかばかりのチャンスも敵に抑えられたり、シュートに至っても枠外かキーパーに抑えられる展開になりました。

試合が動き出したのは、後半になってから。
先制したのは、甲府。やはりウタカさんだったよ・・・。混戦になったゴール前にねじ込む格好で点を奪われます。
何とか追い付かないと・・・と思った岐阜に、チャンスが訪れたのは後半19(64)分。キーパーの取りこぼしを川西翔太選手が見逃しませんでした。難しい角度からのシュートを冷静に決めて追い付きます。
これで一気に押し込めればよかったのですが、甲府はまだ気持ちに余裕を持っていたんでしょうね。前掛かりになった岐阜からあっという間に逆転弾。やはりウタカさんだったよ・・・(二度目)。その後ダメ押し弾(ウタカさんじゃないよ(苦笑))を食らい万事休す。


この試合をもって、FC岐阜は2008年から12年間いたJ2からJ3への降格決定となりました。同時刻で行われた栃木は長崎に勝ったので、たとえ勝ってもアカンかったんですけどね。どうして今まで勝ったことのない相手なのに、大一番で勝っちゃうんだろう・・・。栃木は運を持ってるな。



まるでお通夜のように沈んでいた中で、サンクスセレモニーが行われました。
いつもなら、MVPを決めるのですが、さすがに今年の成績なら辞退ですわね。拍手が起こっていましたけど、皆「知ってた」状態だったんでしょう。そんな中、日本特殊陶業が来年もスポンサードしてくれることは非常に大きいサポートになった。まだどのスポンサーカテゴリーかわからないけど、スポンサーに残ってくれて本当に感謝してもしきれないです。こんなふがいないチームのために・・・。

その皆が慚愧に堪えぬ想いを抱いていた中、竹田忠嗣選手と甲斐健太郎選手の間にいたFC岐阜セカンドの選手と思しき人間が終始へらへらしていたのが何とも許せなかったです。この状況をまるで他人事と思っていたのか。社会人として失格どころか、人間としてもどうかしている。こんなヤツがトップに上がってきても誰も応援したくないわ・・・。もちろん、運営には苦情を入れましたし、大型ビジョンにも映っていたので、言い逃れはできないはず。処分マジでお願い。


これでホームの全ての日程が終わりました。
岐阜は来年からJ3で戦うことが決まりました。辛いのはわかっていますが、今は日本特殊陶業がスポンサーに残ってくれたことを希望にしましょう。恐らく選手は誰も残らない可能性が高いですから・・・(泣)。キャプテンの阿部正紀選手でさえも、素晴らしいコメントを残してくれましたけど、サッカー選手は代理人とフロントとの交渉になるので、本人が残りたくとも残れないかもしれないのです。
まぁ、まだ1試合東京ヴェルディ戦を残しています。「J2お別れの会」という『お葬式』を味の素スタジアムという、これまた思い出深い地で執り行えるなんて幸せ者じゃありませんか。思いっきり暴れてやりましょう!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:19Comments(0)